« 積極性とガムシャラさの違い | トップページ | Indyはどこまで行くか? »

2005/11/19

Week10を終えて

と言いながら、すでにweek11が始まるまで僅か。どうも出遅れ書き込みでお恥ずかしい限りです。ごめんなさい。
AFC East:
ペイトリオッツは昨年までと違う、様子ですね確かに。しかし私は、ベリチックHCの底力からして、プレイオフに残り、コルツと選手権を戦うようなことがあれば楽しみ、と依然、思っています。
AFC North:
ベンガルズが前評判以上に好調で良いチームとなり、スティーラーズはさすがのカウハー采配。どちらかがワイルドカードに回って出てくることはほぼ確実でしょう。
AFC South:
コルツ強すぎて、ある意味では面白くないですね。このままAFC最高勝率でホーム・フィールド・アドバンテージを獲得すれば、プレイオフ通じてホームで、さらにスーパーボウルもドーム(デトロイト)となり、天候・気候という「コントロール出来ない不確定要素」が、コルツの試合から排除されてしまいます。筆者は「アウトドアこそフットボール」と信じている、オーソドックスなタイプですので..
AFC West:
私はブロンコスがひたひたと強いなぁ、と感心していて、結果、チーフスやチャージャースは割りを食い、どちらかしかワイルドカードには入れないサバイバルレースが始まることに。

NFC East:
まったくもって意外な展開です。イーグルスの不調と、ジャイアンツの好調、カウボーイズのQBブレッドソーの復活、レッドスキンズQBブルネルをスターターに据えた成果など。
NFC North:
ベアーズが、これまたひたひたと走っていますね。パッカーズの勝敗としての惨状は何度かお伝えしている通り。まさにファーヴが獅子奮迅の活躍ながら、チームとしては辛い後半戦へ。
NFC South:
パンサーズが不気味です。バッカニアーズの2点コンバージョンの件など、まだ大注目の地区。
NFC West:
どうやらシーホークスが、RBアレキサンダーのランに、QBハッセルベックのパス、そして守備というバランスチームで抜け出した感あり。次のミッションはプレイオフで勝てるのかどうか。

|

« 積極性とガムシャラさの違い | トップページ | Indyはどこまで行くか? »

コメント

>アウトドアこそフットボール

この前のナイナーズ@ベアーズの試合のハイライトを見ましたがあんなの初めてだ・・・

投稿: | 2005/11/20 21:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/7209617

この記事へのトラックバック一覧です: Week10を終えて:

» Week11 [Cooper's Chronicle]
録画した試合を全部チェックする余裕もないまま、ハイライト放送とインターネットの記事を追いかけるうちに、今シーズンも第11週が終了しました。 私の個人的な関心は、以下の3点に絞られつつあります。 1)ずばり、INDの連勝はどこまで続くのか。データを調べると、CHIの開幕12連勝(1985)、DENの同13連勝(1998)、そしてMIAのあの“Perfect Season"(1972)が視野に入りつつあるようです。昨年、ペイトン・マニングの49TDパスを目撃した私たちは、今シーズン、また... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 00:38

» サンクスギビング・クラシック  [アメリカンスポーツ・スクウェア ブログ館]
11月24日はアメリカではサンクスギビング・デイで祝日。 サンクスギビング・デイには、NFLは毎年2試合行われるのが恒例。これを「サンクスギビング・クラシック」と呼んでいる。1934年にデトロイトがシカゴと対戦したのが最初。ダラスは、1966年にクリー....... [続きを読む]

受信: 2005/11/24 20:06

« 積極性とガムシャラさの違い | トップページ | Indyはどこまで行くか? »