« 11月のNFL on NHK BS1予定 | トップページ | Week8までを終えて AFC編 »

2006/10/29

関東大学の全勝対決

Aブロックは慶應と日体大が、Bブロックは早稲田と日大が、それぞれ全勝対決。
前者はシーソーゲームの末、慶應が逃げきりという印象。残り5分くらいからの自陣4thダウンでの、フェイクパントからのパスが成功し、そのシリーズをTDで完結。この時点で残り時間2分で「残し過ぎ」の印象もあったが、10-14だったから「得点して勝ち越す」ことが第一ミッション。あとは守備に賭けた。日体大の2-minuteオフェンスは、パスで、やや焦り気味。最後は慶應CB#22藤井のインターセプトを食らい、万事休す。輿が注目のガチンコRB#25岩田は元気に走っていた。
慶應(5勝)は残り立教(5敗)、明治(4勝1敗)に勝てばブロック優勝。

後者は進境著しい日大を楽しみに観戦。前半3-14と良いところなしの日大だが、後半に集中力溢れる攻撃で追いすがるが、早稲田RB#21前橋が随所でロングゲイン。要所でFGが入らなかったりTD出来なかったり、得点の詰めが甘かった日大は敗れ去った。早稲田はWR#1加藤、WR/QB#4坂本、WR#7田谷野の運動能力が光った。
早稲田(5勝)は法政(5勝)との全勝対決が控えている。(11/23)

|

« 11月のNFL on NHK BS1予定 | トップページ | Week8までを終えて AFC編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/12479488

この記事へのトラックバック一覧です: 関東大学の全勝対決:

» Week8 [Cooper's Chronicle]
今年はTENがQB問題でごたごたし(ちなみに、nfl.comの通販で買い求めた2007年のTENのカレンダーでは、いまだにQBマクネアが巻頭を飾っておりました)、チーム成績も良くないことからテレビ観戦も全然進みません。ネットで結果を確認する程度。 不思議なジンクスなのですが、過去二年、私が現地観戦に行ったチームはその年はボロボロでも翌年、必ず成績が良い。2004年のデンバーでは、翌年あのINDを下してAFC Championshipにまで進んだし、昨年のシカゴの場合、何と今年はまだ無敗。昨年は... [続きを読む]

受信: 2006/10/30 19:53

» 早稲田、「何とか」日大を下す。 [スポーツつれづれ観戦日記]
 この週末、「一番面白い試合だろうな」とは思っていたが、ここまで接戦になるとは想定外だった。  29日(日曜日)に行われた、早稲田と日大の試合。  両チームとも、相手のオフェンスの出来をディフェンスが上回り、重苦しい試合となった。  前半は早大のランが時折するすると進み、2つのTDを挙げて14−3とリード。  パントのスナップミスで招いた大ピンチも、FGに抑え込む。  日大QB#10木村のパスを、早大#11杉本がインターセプト�... [続きを読む]

受信: 2006/11/01 00:06

« 11月のNFL on NHK BS1予定 | トップページ | Week8までを終えて AFC編 »