« Week4 preview | トップページ | 新人QB's »

2006/10/04

Week4 review

昨晩放映のMonday Night、Green Bay at Philadelphiaを見ました。
(現地放送局のイントロは良かったですねぇ!)
ファーヴに早いタイミングでパス投げさせるのは良いですが、HCマッカーシーが期待するほどは、パスカヴァーとのミスマッチは起きず、結果、短いパスの積み上げ=プレイ数が増える、ということで集中力を保ちきれませんでした。
何度か大きなパス成功を許してしまったCBキャロル(2004年ドラフト一巡)は解雇されました。人身御供的なイメージもありますが。

さて、Week4の他の試合。Baltimore (San Diego)とChicago (Seattle)はいずれもホームで勝ち、4勝0敗は見。特にBaltimoreの場合、スタートQBにマクネアを獲得してから、見事に歯車がかみあっている印象。アウェイでIndianapolis (NY Jets)も勝ち、これまた負け無し
QBブリーズ擁するNew Orleansの快進撃も、Carolinaの地元では通じず。同地区対決だっただけに見応えありました。
前週、ふがいない負け方をしたNew Englandが、好調のCincinnatiに乗り込んだ試合は、Patriotsの攻撃が息を吹き返し、アウェイで見事な勝利。

|

« Week4 preview | トップページ | 新人QB's »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/12152065

この記事へのトラックバック一覧です: Week4 review:

» ブラウンズが初勝利した理由 [アメリカンスポーツ・スクウェア ブログ館]
クリーブランドの地元紙によると、ブラウンズが今季初勝利したオークランド戦は、FBテレル・スミスの影響が大きかったという。 スミスは、10-21と負けていたハーフタイムのロッカールームでスピーチをした。そのスピーチに鼓舞された選手が逆転勝利を勝ち取った。 スミ...... [続きを読む]

受信: 2006/10/05 08:45

« Week4 preview | トップページ | 新人QB's »