« ついにChicago敗れる | トップページ | FG失敗をリターンTD、108yds! »

2006/11/09

Challenge?

Week8のNY Jets at Clevelandで、最後のJetsの攻撃シリーズでゴール前24ydsからの4thダウンギャンブル。TE#86ベイカーへのパスは、エンドゾーンの空中で捕球したものの、守備のタックルにより、エンドゾーンに両足を付くことなく、アウトオブバウンズ。ラスト二分に入っていたので、必要ならばofficial reviewがあるところでしたが、それもなく「パス失敗」という判定。このプレイについて、このブログにご質問をATLさんから頂きました。
私の理解は、インバウンズでのプレイと同様に「ヒットが無ければ両足がインバウンズに着地することが明らかである場合に限り、押し出されたと認定されて、パスは成功となる」というものです。スミマセン。詳しくルールを調べていませんが。
この週のNFL.COMでのビデオでも、審判部長が出てきてコメントしていましたから、メディア的には「疑惑のプレイ」つまり、どうしてofficial reviewしなかったのか、ということですね。
言い分としては「両足がインバウンズに付くことが明らかではなかった」ということに尽きます。これはもう、そう判断されたのなら仕方ありませんね。

この週、Monday Night FootballのNew England at Minnesotaを担当しました。3QでTE#85ウィギンスへのパスが同様の疑惑ですね。最も近くにいた副審はキャッチと宣告。カメラは背後からなので、ジャグルしてなかったのか、確保していたのか、という疑問が湧きました。別のアングルからの映像ではジャグルは全くしていなく、かつ「捕球後二歩」はステップを踏んでいたので「やっぱり捕球」だと思っていたら、いつのまにか、つまり審判団の協議の結果、パス失敗の判定。当然Minnesotaはチャレンジしたものの、審判団が協議した結果、最初の判定を覆しているので、ビデオリプレイを経ても(意地でも)「フィールドの判定は正しかった」との判断で、チャレンジ失敗。
このプレイも、上述のNFL審判部長が解説するプレイ、に含まれていました。

昨日担当したWeek9のMonday Night Footballでも似たシーンがあり、輿の印象は「今年のチャレンジは、フィールドの判断をより重視する傾向にある」というものです。よほどの誤審でないと、ひっくり返らないように思えています。
ということで、ATLさん、返事になりましたでしょうか。

|

« ついにChicago敗れる | トップページ | FG失敗をリターンTD、108yds! »

コメント

録画を見直してみました。現地コメントは、「タックルされなければ両足がインバウンズに着地したかがキーだ」と言いつつ「フィールドでの判断は、そうではない、ということだ」と説明していました。それでも「自分達は良いアングルからの映像見ているけれど、審判も一度くらい見たらいいのに。どうして見ないのか、をマンジーニは説明を求めているんだね」と。
私が担当する場面で、こういうコトが起きる可能性はあります。いつもながら結果も経緯を知らずにアナ氏と共に本番に臨んでいるので、何が起きるかを事前にディレクタから聞くことは望んでおりません。従って、あとは現地が何を言っているのか、を映像と共に、自分が理解しつつも、思いを皆さんにお伝えできるように精進したいと思います。
月に二度というペースは、ここ何年も変わっていないと思います。6~7名の解説者でローテーションしていますから、よいバランスではないでしょうか。

投稿: 輿です | 2006/11/12 22:50

さっそくのお返事ありがとうございました。
うーむ、あの試合の審判が輿さんだったらなと思ってしまいます^^

今年は輿さんがより一層お忙しいのか、昨季よりも試合解説を拝聴する機会が少なくなっているように感じます。
今週は私の一番好きな、輿さん&黒氏アナでしたが、肝心のカードが「OAK@SEA」というイマイチなもの。マンデーなのに。しかも荒れ試合でしたからね。これは残念でした。
今年から私も社会人になり、昨年までのように週3試合全て観戦というのも難しくなりましたが、今後も輿さんが解説を担当されるものだけは必ず拝見しますので、
これからもすばらしいご解説お願いします!

投稿: きじゅうろう | 2006/11/11 19:28

改めてルールブックを読んでみましたが、エンドゾーンでも同じ扱いに見えます。(特例はなさそう)
従って、輿の解釈は「あのプレイはTD」というものです。少なくともofficial reviewはしてもらいたかったな、と。
繰り返しになりますが、フィールドの判断を重用するように、ムキになっているフシが、今年のNFLには感じられます。これは私感にすぎませんが。

投稿: 輿です。 | 2006/11/11 13:59

こんにちは。
私もこの放送を見ていて、個人的にペニントンは好きでTDパスと確信していたので、あの判定に疑問を持ったひとりです。
しかしそれ以上に不満だったのは、ATLさんもおっしゃっていたように、
「ヒットが無ければ両足がインバウンズに着地することが明らかである場合に限り、押し出されたと認定されて、パスは成功となる」
という説明が放送中にされず、「パスインコンプリート」で固められていたということでした。
個人的に、輿さんの判定ではこれはTDか否か、ということを知りたいです^^

ちなみに、私がこの「相手によるヒットがなければ…」キャッチの1番の思い出は、
2~3年前にやはり好きなGBがぎりぎりPOに進出できたとき、PO進出を争っていた対象チームがWEEK17でダントツのビリだったARZに試合ラスト0秒にこのパスでTDを奪われ、大逆転負けをしたと共に、PO進出を逃したというものでした。このときも、やはり両足は全くインバウンズに着いてませんでした。これによってPO進出を果たしたGBは、このTDパスを演出して自分達をPOに導いたARZのQBとWR2選手を試合に招待した、というものです。

投稿: きじゅうろう | 2006/11/11 09:26

はい。十分です。十分すぎです。(ぺこり)
本国で疑惑のプレイになっていたんですね。やっぱりNHKの放送の仕方に問題有りだな。録画なんだから、実況解説を付けた後にでも、改めて説明してくれなくちゃ。

それよりも何よりも。輿さんのプレイ説明が、どういう状況だったのかとても分かりやすかった。自分の文章なんて・・・

投稿: ATL | 2006/11/09 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/12612102

この記事へのトラックバック一覧です: Challenge?:

» 大当たり〜! その3 [Cooper's Chronicle]
12月1日ロードショー開始の「007カジノ・ロワイヤル」のジャパン・プレミア試写会が、J-WAVEと講談社の2社から計4枚も当ってしまいました。嬉しいけど、地元のシネコンで空いた頃を狙ってゆっくり観ようと思っていたので、人に譲ってしまおう。 ちなみに今回、ジェームズ・ボンド役に抜擢されたダニエル・クレイグという俳優(画像左)、サンフランシスコ・フォーティナイナースのあのジョー・モンタナ(画像右)に似ていると思うのは私だけ? 「ロード・トゥ・パーディション」(2002)に脇役出演の時は気にもとま... [続きを読む]

受信: 2006/11/16 06:44

« ついにChicago敗れる | トップページ | FG失敗をリターンTD、108yds! »