« 新コーチ続々 | トップページ | シーズンも終わり »

2007/01/29

Bushのtaunting

NFC Championshipで、RBブッシュが左側のサイドライン際をロング・スウィングで上がったところにQBブリーズからのパスがヒットし、あとはブッシュのやりたい放題でTDしたプレイで、私は解説しつつ「これはtauntingではないか」と言いました。その場では、フラッグは投げられなかったものの、ようやくNFLは$5,000の罰金を言い渡した模様です。
NCAAルールとNFLルールの程度に差はあるものの、
・単に喜びを表現する行為 (プレイ本人、あるいはその選手に駆け寄る人々) celebration
・やられた相手を侮辱する行為 taunting
・他の選手が集まるのを待って、予め決めた動きをメンバーで行う demonstration

があると思います。
別の表現をすると、単に喜びを表現するのは「プレイが終わって、すぐに始まり、かつすぐに終わる」ことであるのに対して、違法行為は「プレイが終わって、しばらくしてから始まり、かつ程度が深く、さらに長い間やっている」ことと、言えます。

NFLは我々の憧れではありますが、スポーツマンとしては、常にチームメイト、コーチ、相手チームの選手/コーチ、ファン、身内などに対してリスペクトを払うべき存在であり、その点において、NFLの選手は、必ずしもふさわしくない行為を行うことがある事実を、我々は知っておく必要があると思います。

|

« 新コーチ続々 | トップページ | シーズンも終わり »

コメント

私も映像をみていて明らかに反則だと思いました。ブッシュは地元の復興に取り組んでいる話を聞いたことがあったため、敬意を表されてしかるべき選手だと思っていましたが、表面的なものだけだったのかと残念です。同じポジションのスターであり、人格者として高く評価されているトムリンソンとは本質的に異なっていたのかもしれません(スポイラ誌を読む限り、かなり謙虚な人間であるとのこと)。

投稿: おき | 2007/02/07 02:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/13709391

この記事へのトラックバック一覧です: Bushのtaunting:

» Super Bowl XLI [Cooper's Chronicle]
Indianapolis Colts 29-17 Chicago Bears 降りしきる雨と強風に煙るマイアミ、ドルフィンズ・スタジアム、遂にペイトン・マニングが悲願の頂点に立つことができました! 国歌斉唱は第23回のマイアミでも独唱したビリー・ジョエルがピアノの弾き語りで熱唱、コイントスはマイアミの英雄、ダン・マリーノ、そしてこの稀に見る悪天候と、何か尋常ではない試合を予想させるオープニングでした。 そして不安は見事的中、試合開始のキックオフを、ルーキーながら今季9リターンTDを... [続きを読む]

受信: 2007/02/05 13:46

» AFC-NFC Pro Bowl [Cooper's Chronicle]
AFC 31-28 NFC プロボウル(オールスター戦)はスーパーボウル終了後のお祭りのようなもので、最近あまり観ていなかったのですが、結構面白かったです。28-14とリードされたNFCが、4Q終盤にオンサイドキックを成功させ、残り時間2分を切って28-26まで詰めより、2ポイント・コンバージョンを成功させて同点なんて、意地を見せるじゃないですか。 それに何より、代理出場とはいえ我がテネシー・タイタンズのルーキーQBビンス・ヤングが、ルーキーQBとしては1983年のダン・マリーノ以来の出... [続きを読む]

受信: 2007/02/12 23:13

» ダラスのヘッドコーチ人事 [Cooper's Chronicle]
NFLの話題になりますが、あの名門、ダラス・カウボーイズがビル・パーセルズの後任のヘッドコーチに前サンディエゴ・チャージャーズのディフェンシブ・コーディネーターのウェイド・フィリップスを選んだのには少々驚かされました。 フィリップス本人もバッファロー・ビルズでヘッドコーチ経験があるとはいえ、守備畑の地味な役回りでさしたる成績を残したようには思えません。金に任せて大物ヘッドコーチを次々招聘してきたオーナーのジョーンズも、ここにきてテキサスの同郷人に頼るしかない心境だったのでしょうか。 こうなると、... [続きを読む]

受信: 2007/02/15 20:50

« 新コーチ続々 | トップページ | シーズンも終わり »