« Bushのtaunting | トップページ | ワールドカップに向けて »

2007/02/17

シーズンも終わり

スーパーボウルの前は、バタバタしていて書き込みできなかったのと、皆さんは、もはや、それぞれの臨戦態勢に入っていらっしゃっただろうと思い、書き込みのパワーも出ませんでした。
今年は会社を休めたのですが、家庭の事情もあり、NHK BSでの生観戦は叶わず、結果13時半くらいから、二度に分けての観戦になりました。
古豪登場!というカードでありながら、あまりに時代が違いチームも違うおで、私はそういう観点ではなく、純粋に今のチームの対決として眺めておりました。
某雑誌に書かせて頂きました通り、NFCのチャンピオンシップの中継を担当したこともあって、アンダードッグのベアーズには、どんな勝利のチャンスがあるのかが興味の対象でした。最後までもつれる、ハラハラする名勝負というよりも、ある意味では「本来のスーパーボウルにありがちな」早々とした試合の趨勢の決定が見られました。
私は正直「もうそろそろコルツがスーパーボウルに勝っても良い頃」と思っていましたし、ワイルドカードでチーフスのランを封じ、攻撃陣も刻むスタイルが出来てきたことで、やるかやられるかという、以前のスタイルとは明らかに違う、つまり勝てそうなコルツを見た記憶があったからです。
NFLファンには、寂しい時期がやってきますね。

|

« Bushのtaunting | トップページ | ワールドカップに向けて »

コメント

お疲れ様でした。
コルツには、みごとに勝つためのプレーをされてしまいました。
Kick-off Return TD をすると負けるというジンクスで、あいや!(いかん!)と思ったものの、1Qの展開に期待していましたが、それまででした。^^;)
かつてモンタナのように、尻尾をつかませないマニングと、彼を地味に「守る」オフェンス陣。
後半、「まだ」チャンスはあったものの、オフェンスはもがくだけで、ディフェンスは既に疲弊していて、モメンタムを奪い返すことはできませんでしたね。
では、ドラフトまでの、しばしの休息を。

投稿: koori | 2007/02/22 18:08

シーズン、お疲れ様でした。
コルツ。ひと昔前なら弱小チームの代表みたいな存在でした。ダサイと感じていたチームロゴさえも貫禄が出てきたのが不思議です。

「スーパーボウルを輿さんの解説で」というのは多くの意見でしょう。また一試合でも多く聞きたいと思っています。この願いは、輿さんにとってはどうなんでしょうか?
「いや、現状だって手一杯なんで勘弁」というのが本音であったのなら、周りから騒がれると迷惑なはず。色気があるのなら、NHKへ声を届けていくということも出来ます。どうなんですか?

投稿: ATL | 2007/02/18 19:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/13947273

この記事へのトラックバック一覧です: シーズンも終わり:

« Bushのtaunting | トップページ | ワールドカップに向けて »