« 続・敗戦の意味するもの | トップページ | そろそろ »

2007/08/05

Coach Walshとの思い出

Coach Walshの白血病を患っていることは昨年秋に公開されていたので、ある意味「やってくる時が来た」と、今回の報道を受け止めた。
が、例えばNFL.COMでの多くのメッセージというかコラムが、あっと言う間に書かれていることを見て、やはり「ある時代を作った偉大なコーチの逝去」だと、改めて思った。
私自身は93年の6月から始まった、富士通フロンティアーズ~Stanfordコネクションの最初の訪問で、この偉大なるコーチに会う栄誉を得た。(当時は、まだフィルムカメラだったはずだが、写真が見つかれば、ぜひ、こちらにアップしたい)
突然訪問したワケではもちろんなくて、富士通とStanfordとのビジネス上の関係から、我々がStanfordフットボールへのコネクションを探った成果だった。
Coach Walshは、「遠い日本でフットボールが、それほど盛んだとは知らなかった。素晴らしいことだ。何か自分に出来ることがあれば遠慮せずに言ってほしい」と仰った。
その後、Asst HCのTerry Shea (現Miami Dolphins QBコーチ)を窓口に、フロンティアーズのコーチがStanfordを訪問したり、StanfordのGraduate Assistantコーチを、フロンティアーズに招聘したりの関係が始まることになる。Coach TerryがRutgers大HCに出たあとは、DLコーチのDave Tiptonを窓口としてお世話になった。(Dennis Green、Bill Walsh、Tyrone Willingham、Buddy Teevens、Wals Harrisと実に五代のHCに仕えた。この春、Jim HarbaughがHCになったのを機にStanfordを離れている)
現Jacksonville JaguarsのAsst Special TeamコーチのTom Williamsは95年の秋、フロンティアーズのコーチとして来てくれた。夏前に契約交渉のための長電話を思い出す。(Coach Tomは、その後、Hawaii大LBコーチ、Hawaii大守備コーディネータ、Washington大LBコーチ、Stanford大共同守備コーディネータ、San Jose州立大共同守備コーディネータを歴任。
その後、Tomの推薦で、Stanford OBのTyrone Parkerを守備コーチに、またStanford GAだったKurt Roseを攻撃コーチ、のちHCとして雇った。Coach Kurtは、現在は慶應大学ユニコーンズの攻撃コーディネータ。
ちなみに、Coach Walshが手渡してくれたのは、Play Football The NFL Wayという本 (Tom Bass著)で、舞い上がった私(たち)は、Coach Walshにサインしてもらうことも忘れてしまった。この本は、その後、Japan Times記者の生沢 浩さん(輿のNFL解説仲間でもある)が日本語訳を出版されている。

息子さんも白血病で亡くしていると聞き、白血病には遺伝体質などが関係するのかと、別のことに興味を持った。
Coach Walshのコーチング・ファミリー、Stanfordコネクションのその後、などは別の機会に。

合掌

|

« 続・敗戦の意味するもの | トップページ | そろそろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/16008667

この記事へのトラックバック一覧です: Coach Walshとの思い出:

» 白血病闘病記〜症状から社会復帰へ [白血病闘病記〜症状から社会復帰へ]
白血病闘病記〜症状から社会復帰へ〜このブログは2004年急性リンパ性白血病(フィラデルフィア染色体)を発症し現在、移植後社会復帰へ向けて時を待つ心をセキララに公開しています。 [続きを読む]

受信: 2007/08/11 16:20

» 紫外線に弱いよ〜 [白血病闘病記〜症状から社会復帰へ]
昨日まっくにいったんだけど チャリでもうあつくてあつくてやばかった本当は長袖着てたほうがいいんだけどあついから半そででいってビックマック食べてきましたお盆あけたら外来ですまた薬減るといいな〜... [続きを読む]

受信: 2007/08/11 22:32

« 続・敗戦の意味するもの | トップページ | そろそろ »