« フロンティアーズ二勝 | トップページ | Official Review on NFL.COM »

2007/09/17

Week2

NFLのWeek1 reviewやWeek2 previewはサボってしまいましたが、BrettがスターティングQBとして(あの偉大なJohn Elwayを抜いて)記録を作ったことに感激です。
チームの勢いも良さそうです。新人RB#42Wynnも(ハイライトをNFL.COMで観た限りでは)活躍している様子で、若いチームが楽しみです。BSでの放映は遅い時期ですが、Giantsの守備がタイヘンなことになっている気もしました。

点が入ったという意味では、Bengals at Brownsで、いろいろQB問題に悩んだ(開幕戦のスターティングQBが、すぐにトレードされたのは、AFL/NFLが合体して、今のNFLになって初らしい)Brownsが勝ったことが、なんだか嬉しいです。でも、実はRB Jamal Lewisが良いのではないかと。

NOが開幕連敗は意外な展開で、心配です。(来週、担当だし....)
そういう意味では、SDがNEに簡単に負けてしまったことも、前途多難と言えるでしょうか。

そうそう、ベースボールマガジン社から、イヤーブックと選手名鑑、がそれぞれ発刊されています。私が原稿を書かせて頂いているからではありませんが、良い雑誌だと思いますので、ぜひぜひご参考になさって下さい。
それと、NFL.COMがリニュウアルされて、全試合のビデオハイライトのみならず、今週の新人とか、ある選手のハイライトとか、審判に「問題のプレイの解説(言い訳)」をしてもらったりなど、充実著しいですね。助かります。(観たいコンテンツを探しやすくもなりました。愛用していたUSA TodayやCNN/SIのサイトに、ちょっとご無沙汰になりそう)

|

« フロンティアーズ二勝 | トップページ | Official Review on NFL.COM »

コメント

とおりすがりさんのご指摘、ごもっともです。早速、編集担当に転送しました。AFMのサイトで修正告知が出るかどうかは、彼らの判断ですが、このようにご熱心なファンの方が、買って下さる上に、詳細に指摘下さることは、とてもありがたいことです。

投稿: 輿です。 | 2007/09/21 22:09

どこに書いたら良いのかわからないので、
ここに書かせていただきます
毎年誤植はありますが、今年は多すぎではないのでしょうか
INDだけでもちょっとしらべただけで
ダンテ・ヒューズは07年FAじゃなくて07年D3
ダラス・クラークは07年FAでも新人でもない
ラモン・グズマンが2人いる
タイワン・ハグラーは120タックルもしてない
ゲイリー・ブラケットは07年FAでも新人でもない
クウィン・ピトコックが2人いる
ラヒーム・ブロックは04年FAではなく02年FA
ブライアン・フレッチャーは07年D5でも新人でもない
ロイ・ホールは今年のD5
ベン・ユーテックトは1310Yもレシーブしていない。また01年D1ではなくて04年ドラフト外
ハリソンのスタッツがない
ダン・クレッコは02年D1ではなく06年W
ドワイト・フリーニーは02年D1
ロブモリスは再契約だが新人ではない
いくら2冊連続でスケジュールが短いとはいえ
誤植が多すぎではないでしょうか?
もちろん他チームにも誤植はあります
これでは選手名鑑の意味がありません。
最低でもAFMのHPなりで謝罪と修正表を出すべきであると私は思います。

投稿: とおりすがり | 2007/09/21 04:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/16481565

この記事へのトラックバック一覧です: Week2:

» Week2 [Cooper's Chronicle]
San Diego Chargers 14-38 New England Patriots  SDの核弾頭トムリンソンがまたしても完封。先週のCHI戦では僅か25yds(平均1.4yds)、今週も43yds(平均2.3yds)とは、SD昨季の攻撃メンバーがほぼ残留していることを考えるとトムリンソンはマークされ尽くしているのか。一方のNE、WRにモス、ストルワース、ウェルカーとターゲットを揃え、QBブレイディのパスも279yds(成功率80%!)、ランでもマローニーとモリスで128ydsを稼ぎ、今年... [続きを読む]

受信: 2007/09/22 09:26

« フロンティアーズ二勝 | トップページ | Official Review on NFL.COM »