« QB悩まし | トップページ | カレッジに戻ったコーチたち »

2007/10/26

CardinalsとSkinsは似ている?

今晩の実況で真意が伝わらなかったかもしれず、自分のブログにて。
CardinalsとRedskinsの雰囲気が似ている、と言っていたのは、攻守ラインが、フィジカルに勝負している印象からだけではなく、CardinalsのHC ウィゼンハントと Asst HCのグリムの二人が、まさに対戦相手、HCギブスの教え子であり、少なからずギブスのスタイルを踏襲したチーム造りをしている点にある。ウィゼンハントは、Steelersの攻撃コーディネータとしての前任者ムラーキー(現Dolphins攻撃コーディネータ、元Bills HC)と同じく、SteelersのTEコーチからの昇格で、かつガジェット、つまり凝ったプレイを随所にはめ込むスタイルが有名だっただけに、ギブスの「強い攻撃ラインと大きなバックで、まずはラン攻撃を確立し...」というスタンスが合っているような。
こうなると、ウィゼンハントは、自分がHCとして雇われた瞬間に、グリムを連れて行かねばと思ったに違いない。
そのグリムは、ウィゼンハントよりも前から、オフシーズンにはHC職の可能性が言われていた人物。今年、仮にCardinalsが攻撃ラインの再構築でプレイオフに出れば、その功労者として、再びグリムが脚光を浴びるのは間違いないだろう。その頃には、きっと「今年限り」と引導を渡されたHCも多くいて、後任を探すチームが多いに違いない。

|

« QB悩まし | トップページ | カレッジに戻ったコーチたち »

コメント

げんさん、はじめまして。そうですか、11月からは二時間枠ですか。日本のプロ野球も、MLBも終わり、いよいよゴールデンタイムにNFLが、と思っていたのですが。
ボクには編成部門を説得する力もチャネル無いですね。どうか、皆さんがNHKに視聴者として電話攻勢をかけて下さいませ。
ポストシーズンになれば枠が広がるかもしれませんが。
ちなみに、先日担当した、カーディナルス@レッドスキンズは、全プレイが放映できました。あの時間枠がベストですよね。(時々、時間が余ってしまうようですが!)

投稿: 輿です | 2007/10/27 13:46

はじめまして、
いつも楽しく解説を聞かせて頂いています。
唐突になんですが、
NHK-BSの11月の放送予定を見ていたら、
どの試合も放送時間が2時間に短縮されていました。
編集の嵐で試合がズタズタにされてしまうのでしょうか。
ペイトリオッツ@コルツも2時間、厳密にはニュースを挟むから1時間50分。
あまりのショックで受信料払いたくありません。
不躾なお願いですが、輿さんがNHKの編成部を説得してくださいませ。
それでは失礼します。

投稿: げん | 2007/10/26 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/16874604

この記事へのトラックバック一覧です: CardinalsとSkinsは似ている?:

» Week7 [Cooper's Chronicle]
Chicago Bears 19-16 Philadelphia Eagles  攻撃の決定力に欠き、地区最下位に沈む両チームの対戦はやはりロースコアのゲームでしたが、いや、内容の方は実に見応えのあるゲームでした。  全盛期の機動力からは陰りこそ見えるPHIのQBマクナブは糸を引くような剛速球を投げるし、万能バックのRBウェストブルックはラン/パス両面で活躍。攻撃のタレントを欠き、また自慢の鉄壁守備も低迷するCHIも、ベテランQBグリーシーの落ち着いたクォーターバッキングで(&PHIの決定力不足... [続きを読む]

受信: 2007/10/26 22:22

« QB悩まし | トップページ | カレッジに戻ったコーチたち »