« Pats at Ravens | トップページ | プレイオフからは全試合 »

2007/12/08

official review on NE at BAL

NFL.COMのofficial reviewは、MNFのPats at Ravensの話題に終始していました。
曰く、
(ヘッドコーチではない)守備コーディネータのレックス・ライアンがタイムアウトをコールした際に、どうして認めたのか? 
試合終わり間際なのに、守備ホールディングをコールしなくたって良かったじゃないか? 
最後のTDパス、booth reviewがあったようだが、どうして覆らなかったのか?

という話題ですね。毎度のことながら、パレーラ氏は気色ばむこともなく、淡々と応えていらっしゃいました。毎週、楽しみにしているサイトの一つです。(ただし、私の英語力では、詳細把握は難しく、友人のアシストをもらっています)

|

« Pats at Ravens | トップページ | プレイオフからは全試合 »

コメント

>E.V.Hさん
ご回答を頂きましてありがとうございましたm(_ _)m
フリーフリッカーは、QBからハンドオフで球を受けたRBがボールをQBにバックパス⇒QBがロングパス…という場面は何度か見た事があるのですが―

ドンピシャのパスをギャフニーに決めたブレイディーも凄いと思うんスけど、パスをドロップしたモスが、冷静に?ブレイディーに上手く投げ返していた事に、大いに驚いていました(汗)

滅多に見られるモノではないでしょうけど、今後も熱い戦いと共に、創意工夫の凝らされたプレーにも期待しています。

投稿: 眼鏡屋のQB | 2007/12/18 22:38

眼鏡屋のQBさんの質問にお答えします。
PIT@NEでのあのプレーですが、僕が見た限りあのプレーはスペシャルプレーだと思います。ただ、モスがブレイディーからのパスをドロップしたのは単純なミスでしょう。眼鏡屋のQBさんの解釈で間違いないと思います。いわゆるスペシャルプレーで「フリーフリッカー」と言います。
因みに何故「フリーフリッカー」というのか?というと、ボールが同じところを行ったり来たりする様を「ノミ」がピョンピョン跳ねている様に見えるから…だそうです。
ボールが行ったり来たりする様を見て「ノミ」を連想するなんて面白いですね。また、スペシャルプレーはフリーフリッカー以外にも色々あります。各チームのプレーブックには幾つか必ず用意されていて試合の状況に応じてプレーコールされます。

投稿: E.V.H | 2007/12/18 05:41

輿さん、皆さん、初めまして。いつも楽しく拝見しております。
NE絡みのゲームで質問が…

第14週のPIT@NEでしたか、NEの攻撃で、ブレイディーがR・モスにやや後方への、少し長めのパス⇒モスからブレイディーにリターンパス⇒ブレイディーからギャフニーへのTDパスという、一連のプレーがありましたが…
最初のブレイディーのパスを、モスが明らかにドロップした様に見えたのですが、後方へのパスだからOK(フォワードパスなら勿論パス不成功)という解釈でよろしいのでしょうか?

初歩的な質問で大変恐縮ですが、どなたか解説を頂ければ幸いと存じます(汗)

投稿: 眼鏡屋のQB | 2007/12/17 22:41

その後、オーナー氏が「来季もビリックに指揮を執ってもらう」とコメントを出しました。
カウワーさんにはペトリーノHCが辞任したファルコンズも関心を示しているようで、
他方「ファルコンズの後任は49ersのマイク・シングレタリーコーチが有力」という報道もあります。

投稿: げん | 2007/12/14 20:30

レイブンズというと球団首脳がビル・カウワーさんと接触を持ったそうですよ。
一足先にオフに突入の様相ですねー。
ビリックさんは「まだ3年契約が残ってるんや」と話してますけど、
どうなるんでしょうね。

投稿: げん | 2007/12/12 21:00

はじめまして。
あっちこっちアメリカンのブログを飛んでいるうち、こちらに来て、輿さんがブログをされているのに嬉しくなって書き込みします。
僕もオールドに属す、フットボール・ファンです。
BSのNFL楽しみにしています。
でも、ごめんなさい、アメリカ駐在中のクセでいつも音声は英語にしているのです・・・

来週は甲子園ボウルに行きます。
これからも記事を楽しみにしています。

投稿: ぐっぴー | 2007/12/11 06:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: official review on NE at BAL:

» Week14 [Cooper's Chronicle]
Pittsburgh Steelers 13-34 New England Patriots  最終戦の対NYG戦を除けば、NEのパーフェクトシーズン達成の最大の難関、攻撃リーグ1位のNEに対し守備(得失点、喪失ヤード、パス守備)1位のPITとの大一番。  いや、そのPITといえども荒れ狂うNEの猛攻撃を止めることはできませんでした。PITのRBパーカーが21回のキャリーで124yds、チーム全体でもラン181ydsと出せていた(普通これだけランが出せれば楽勝)にもかかわらず得点が取れない。一方... [続きを読む]

受信: 2007/12/13 21:59

« Pats at Ravens | トップページ | プレイオフからは全試合 »