« タイブレイクのうま味 | トップページ | official review on NE at BAL »

2007/12/07

Pats at Ravens

正直言って、カードからして期待していませんでした。11-0と4-7の対戦ですから。
Baltimoreのホームと言えども、今季、すでに二回、解説を担当したRavensは、いかにも苦しんでいるシーズンの印象。
試合中もコメントしましたように、QBボーラーの「思い切り投げ込み」パスが印象的。もっと、RBマゲイヒーを使った辛抱ランオフェンスでも良かったのでは、と思いました。
でも心理的には「守備が好調だからこそ、今、得点を積まねば」とも思いますよね。こういう進境の変化などがフットボールの駆け引きの醍醐味とも言えます。
4th & 1で、Patsがバタバタとプレイして「ダウン更新失敗!」と思った矢先の、レックス・ライアン守備コーディネータによるタイムアウトコール!  あそこでタイムアウトをコールしたくなるヘッドコーチやコーディネータの心情も理解できますよね。普通、ああいう場面で、淡々とギャンブルを仕掛けられると、守備側が慌ててしまうものだし、そこでタイムアウトを使わせるのも戦略の一つとも。

話題は逸れますが、日大-法政で、法政が最後の攻撃、多分ゴール前5ydsくらいからの1stダウンから、パスを多投しましたね。4点差を追う以上、TDしか許されない状況で、ランを使えば「次は、ランフェイクでパスでは」と守備は、ますます不安になる筈。そういう意味では、パスで仕掛けたことで、4thダウンで残り5ydsで「もうパスしかない」状況に、法政は自ら追い込んでしまった印象でした。これも「観客の目線」ですから勝手なコトを言えるわけです。

|

« タイブレイクのうま味 | トップページ | official review on NE at BAL »

コメント

現地で観戦しましたが、雪も舞う中、その寒さも忘れるほどの熱戦でした。でも、最後のNEのドライブは…あのままBaltimoreが勝てば盛り上がって終われたのですが。みんな審判とコーチに怒り狂っていましたね。しかし、Baltimoreはボーラーをドラフト1位で指名してしまったのがここ何年かの低迷の原因ですよね。やはり、ドラフト上位でQBを指名するのはリスクが高い気がします。観客も、ボーラーがインターセプトされるとまたやりやがったって受け止め方していました。それは、NYで見たジャイアンツのイーライの時も同じでしたが。

投稿: RB40 | 2007/12/18 04:27

ペイトリオッツ有利と思われたMNFでしたが、レイブンズのオフェンスの頑張りもあって見応えのあるゲームでした。
最後のレイブンズのタイムアウトの事を考えると、今年のペイトリオッツは運も味方に付けている様に思えるのは僕だけでしょうか…後は怪我人さえ出なければパーフェクトも見えてくるのではと。いずれにしても『運も実力の内』なのでこのまま2月3日まで行く最有力チームなんだと改めて思えたゲームでした。

投稿: E.V.H | 2007/12/08 04:53

おもしろいゲームでしたね。輿さんが書かれたように今回のマンデーナイトは事前には正直はずれかな、と思っていました。コルツに勝ってからのペイトリオッツのゲームは連勝が続くかどうかを見守るという意味も含めて見ています。BS放送をリアルタイムで見ることができなかったので録画しました。それを見る前になんの気なしに途中からチャンネルを合わせたCNNにベリチックがいきなり出てきたので、あわててスイッチを切りました。その表情から負けゲーム後のインタビューのように感じたからです。結果を知らず見たいと思っていましたので危ないところでした。でも、まだ同じように結果をご存知なく、週末に録画を見る方もおられるでしょうから結末は書かずにおきます。

日大・法政戦も戦術の妙を感じさせる好ゲームでした。あの日、味スタにいた人は幸運でしたね。

投稿: jincs | 2007/12/07 11:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/17293597

この記事へのトラックバック一覧です: Pats at Ravens:

» Week13 [Cooper's Chronicle]
Jacksonville Jaguars 25-28 Indianapolis Colts  NHK-BSにしては珍しい接戦展開の好ゲーム、私はもちろんIND応援ですが、気が付けば2位のJAXが星一つの差で追いかけている地区頂上決戦。  前回観た試合ではTEクラークを欠いたQBマニングがいかにも苦しんでいましたが、今日は彼も復帰し堂々の2TDパスキャッチ。マニングも相手守備が交代に手間取って12人いるとところを見逃さずプレーを始めて反則を奪ったり、オプションからのショベルパスという極めて稀なプレ... [続きを読む]

受信: 2007/12/07 20:31

« タイブレイクのうま味 | トップページ | official review on NE at BAL »