« パッカーズとペイトリオッツ? | トップページ | 準備と実行の勝利 »

2008/01/27

NHKラジオ第一に出ました

このブログで事前にお知らせしておけば良かったと悔いています。
昨日、1/26(土)朝7:30頃から、NHKラジオ第一放送の「ラジオあさいちばん」という番組の、
「週末スポーツ情報」に出させて頂きました。
https://www.nhk.or.jp/radiodir/asa/form.html
スーパーボウルの見どころということで、「スーパーボウルとは」「どんな盛り上がり方」「どうして盛り上がる」「対戦チームそれぞれ」「どんな戦いになるか?」「ルールがむずかしいが、どう楽しめばよいか」などの遣り取りをさせて頂きました。
ボクの前は、解説の与田さんがプロ野球のことを話されていたのですが、与田さんの声の良さはまねできないけれど、間のとり方は参考にしたいと思いつつも、本番が始まると、機関銃モードで「あれも、これも」になってしまって反省です。
本番前、与田さんから「ドルフィンズは一勝して良かったですね」と話しかけられて「ドルフィンズが好きになったキッカケ」とか「フットボールの投げ方は、野球やバスケットの投げ方に通じる腕と手首の動き」とか「フットボールの魅力」などなど、ずいぶん気さくに話して頂けました。与田さんが、実はフットボールに詳しく、好きだということが分かって嬉しかったです。ということで、このこともブログでご紹介したく。
一点、アナの方が「チアガールがたくさんいて..」という話題にしてこられたので、すかさず「チアをリードするので、チアリーダーと呼んでいますが、フットボールの応援には欠かせない大切な部分ですね」と返しました。
まだまだ「チアガール」という和製英語が広まっているのだなぁ、と少し残念でした。
さすがにアメラグ、という表現は聞かなくなりましたが。
フレッシュ・ダウンも和製英語ですが、こちらは「よくできてる」と思います。僕らは日頃の会話で、ついつい「よっしゃ、フレッシュだ」とか言っています。

|

« パッカーズとペイトリオッツ? | トップページ | 準備と実行の勝利 »

コメント

SUPER BOWLはほんまにええ試合でしたね
プロの集中力を感じました!GIANTS DEFは凄かった。
輿さんがいつ試合について書いてくれるんだろうと待っています!
パーフェクトシーズンも期待したのにね・・・
ぼくもファーブ好きです。
イーライは何かあんまり好きになれないのは何故でしょう笑

投稿: ゆうじ | 2008/02/09 01:31

良くご存知でない方に対して、ある物を説明する時、例外を無視したり、省略したりすることで部分的に嘘をつくよりは、結果「機関銃モード」になったとしても多くの情報を提供するほうが誠実に思えます。
放送を聴かれた方には輿さんの熱意が伝わったものと思いたいです。
「ルールが複雑」というお話があったようですが、「戦術が複雑」な事と「複数のプレイヤーが同時に動くスポーツを見ることに不慣れ」な事と混同されているような気がします。サッカーが盛んな国の方に聞くと、「アメリカン・フットボールはなんとなく解るが、野球はさっぱり解らない」と言われます。彼らにしてみたら、ボール・デッドが不明瞭な野球の方が「ルールが複雑」なのかもしれません。実際、野球のルール・ブックは相当に分厚いらしいですね(^_^;)

投稿: ふらんく | 2008/02/04 19:53

本当に残念でした。
聞きたかったです。「フレッシュ・ダウン」は懐かしいです。チアリ-ダ-はまだ一般的ではないのですか?USCでは『ソングガ-ル』って言いますね。あそこは特別な名前を付けますね。右のスイ-プを「スチュ-デント・ボディ-・ライト」なんて言ってましたよね。
話が飛んでしまいました。

2月4日の朝8時10分が楽しみです。
『ゴルフ、長引くなよ』と祈りつつ・・・。

投稿: steelers31 | 2008/01/31 21:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/17861696

この記事へのトラックバック一覧です: NHKラジオ第一に出ました:

» Super Bowl XLII [Cooper's Chronicle]
New York Giants 17-14 New England Patriots  いや、遂にNYGが、イーライが大化けした!「NFL史上最強のチーム」にして"Perfect Season"まであと1勝のNEを相手に、何という試合ぶりを見せてくれたことでしょう。  17年ぶりのスーパーボウル制覇は、その17年前の第25回大会、突然変異的に現れた爆発的なオフェンスでリーグを席捲したあのバッファロー・ビルズを相手に、強力守備と我慢のオフェンスで1点差の勝利をもぎ取ったあの試合にも匹敵する名勝負... [続きを読む]

受信: 2008/02/04 14:08

« パッカーズとペイトリオッツ? | トップページ | 準備と実行の勝利 »