« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008/10/22

やっぱりむずかしい

今週のMNFは、Patsが好調Broncosを地元で粉砕!というスコアです。41-7は、まさに圧勝。中身を見ると、Casselはパス成功率75%でトータル185ydsと控えめながら、3TDにゼロINT。Time of Possessionが34分近く、ランでは257ydsも稼ぐボールコントロール。
先週、at Chargersで、Chargersの出会い頭ロングパスに、ガツン、ガツンとやられてしまったPatsとはまるで違うチーム。そのChargersはat Billsで敗れ、来週はat Londonという厳しさ。QB Breesが記録オトコになるかもしれないと言われているSaintsはat Panthersで敗れ、前評判の高いCowboysもat Ramsで敗れた今週。
単なる相性、ではなくて、解析、準備、実行というサイクルが上手く機能したチームが勝つのですね。偶然など無い。だから予測はむずかしいです。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

名門の苦悩

49ersがNolan HCを解雇し、後任はAsst HCだった(あの)Singletaryとのこと。
Jim McMahonやRichard Dent、William Perry、Willie Gaultなどを擁して強かった時の、
あるいは46守備が可能となった最大のワケと言われた、Singletaryが、interim HCとして
残りシーズンを、どう戦うか楽しみ。

というのも、Nolanの2005年からの四年間、いずれも2勝5敗のスタートだったよう。
http://www.nfl.com/news/story?id=09000d5d80bd0885&template=with-video-with-comments&confirm=true
4勝12敗、7勝9敗、5勝11敗といずれも負け越しながら、気になるのは攻守の(獲得ヤードによる)ランキング。32位/32位、26位/26位となり、昨年は32位/25位、そして今年はMike Martzを攻撃Coordに擁して、攻撃は15位にジャンプアップながら守備は25位。
もともと守備の達人・職人だけに、これだけ悪い成績が(専門の)守備でも続くと「大丈夫か?」と判断が下されたのはやむをえない。
もう一つは名門としてのプライド。以前のどのコーチよりも、四年間の勝率0.327は悪い数字だとか。
NFLはご存知のとおりparityの世界。ドラフト順の完全ウェイヴァー制に始まり、サラリーキャップやフリーエージェンシーなど「チーム力の均衡」を意識した制度があるだけに「いつまでも弱くない。いつまでも強くはいられない」必然があると考えている。それだけに「いつまでも弱いまま」では49ersは許されない。
古くはDan ReevesのもとでBroncosでLBコーチ。上司の守備CoordはPhillips。PhillipsがBroncosのHCに昇格した時、Reevesと共にGiantsに移り守備Coord. その後、TurnerのもとでRedskinsで、BillickのもとRavensで同職を経てのHC。
かようにHC職はむずかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/14

Browns!

晴れのMonday NightでBrowns、やってくれましたね。
MNFに選ばれるって、強くないと、つまり全米放送の価値が出てこないとスケジュールされないのでしたよね。でも、Brownsはオフェンスどうしたんだ?みたいな記事がシーズン当初に出ていて、下馬評的には期待されていただけに心配していました。全勝チームに土を付けるとは見事。
では残った全勝チームTitansは、どうして強いのでしょうか?
失点は1位、総喪失ヤードは4位、対パス喪失ヤードは5位とのこと。
攻撃は得点が15位、総獲得ヤードが24位ですから、好調の秘訣は守備でしょうか。
思えば、Fisher HCもTitans一筋、長いですね。
それでもシーズン冒頭、QB YoungをKollinsがリリーフした時には、大丈夫かと思いましたが、案外「ヒタヒタ」と走り続けて良い成績を残すことになるかもしれませんね。ここしばらくAFC Southと言えばColtsでしたし。
一方で、LionsとBengalsは心配です。QB Palmer(兄)も負傷欠場のようですし。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008/10/13

レポーターのフシギ

Week6も、いろいろ起こりましたね。初めて勝ち星をあげたチームもあります。一方で開幕から連敗が続いているチームも。
さて、NFLの中継では、サイドラインレポートや、試合後のインタビュウなどで、しばしばレポーターが登場しますね。私の好み、Suzy Kolberさん以外にも、Tafoyaさんとか、Sunday Nightのネコ眼の方とか。
こういう花形レポーター(ですよね!)は、永年、変わりませんね。それが不思議です。
花形→希望者多数、視聴者からの注文多い→局は必死で人選、競争激しい→メンバーの流動化、と思い込んでいるのですが、上記の三名は、永年変わらず担当されているベテランです。それは何故なのか、ご存知の方、教えて下さい。今日も、本番後、黒氏アナと、その話題になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/10/12

痛快?unpredictable

明日、Patriots at Chargersを担当します。この試合がどうなるかはさておき、Dolphinsが地元にChargersを迎えて撃破した試合を観ました。Dolphinsはat Patriotsでも勝ちましたよね。痛快でした。
もともとAFC Eastと言えば「Patriots安泰、次はどこか?」みたいな会話が数年続いていました。BrettがJetsに行き、そのアオリでPenningtonがDolphinsに行きましたが、DolphinsはPercellsが再建を手がけるチームとしてファンの皆さんも注目していた筈。以前のBearsでのHC経験では失敗したJauronは、Billsでヒタヒタと好調を築き、気がつけばAFC Eastは「混沌」としつつあります。
私は、これが大好き。
強いチームをけなすつもりはありませんが、underdogのチームが「一泡吹かせてやろう」と、いろいろ工夫して、準備して、当日、実行する。そしてチームが勢いに乗る。その対応に、他のチームが知恵を絞る。こういうことの繰り返しは、本来のスポーツにあるべき姿ですよね。
私は解説をさせて頂いているので、ある意味でプロなのですが、正直、シーズン前の予測が、あまり好きではありません。「何が起こるか分からない」ことを理由に逃げているのかもしれませんが、Redskinsの好調も嬉しいニュース。at Cowboysで勝つなんて!
そして前評判の高かった、Eagles、Saints、Chargersなどは、苦しんでいる、と。このままもちろん終わらないのでしょうが、今週は何が起きるのだろうという楽しみもあって良いのかと思っています。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008/10/09

NFL on NHK BS1 10月の予定

遅くなりました...

Week5
10/6(月)2510-2800 Pittsburgh Steelers at Jacksonville Jaguars 河口さん/松野アナ
10/7(火)2510-2800 Minnesota Vikings at New Orleans Saints 大社さん/野地アナ
10/9(木)1910-2200 San Diego Chargers at Miami Dolphins 生沢さん/豊原アナ
Week6
10/13(月・祝)2610-2800 New England Patriots at San Diego Chargers 輿/黒氏アナ
10/14(火)2510-2800 New York Giants at Cleveland Browns 高野さん/中村アナ
10/16(木)2510-2800 Baltimore Ravens at Indianapolis Colts 宍戸さん/中村アナ
Week7
10/20(月)2510-2800 New Orleans Saints at Carolina Panthers 生沢さん/佐藤アナ
10/21(火)1910-2200 Denver Broncos at New England Patriots 河口さん/野地アナ
10/23(木)2510-2800 New York Jets at Oakland Raiders 輿/中村アナ
Week8
10/27(月)2510-2800 San Diego Chargers at New Orleans Saints 後藤さん/佐藤アナ
10/28(火)2510-2800 Indianapolis Colts at Tennessee Titans 宍戸さん/佐藤アナ
10/30(木)2510-2800 Tampa Bay Buccaneers at Dallas Cowboys 高野さん/豊原アナ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008/10/02

どうして長居しないのか?

Lionsのマリネーリよりも先にRaidersのキフィンが解雇されてしまいました。
NFL.COMによれば、88年以降、下記のようなコーチがHCを務めたRaidersですが、成績が良くても長居しない(できない)し、成績が悪ければ容赦無し、と。
成績が悪いのはHCのせい、という詰め腹は、NFLレベルならば当たり前ではありますが、これだけ長期に渡り勝てないのは、純粋にHCをすげ替えれば済むことなのでしょうか。
一時のSkinsを思い出します。今年、Skinsは新HC Zornで好調ですから楽しみです。

Raiders coaches (since 1988)
Coach Years W-L
Lane Kiffin 2007-08 5-15
Art Shell 2006 2-14
Norv Turner 2004-05 9-23
Bill Callahan 2002-03 17-18
Jon Gruden 1998-2001 40-28
Joe Bugel 1997 4-12
Mike White 1995-96 15-17
Art Shell 1989-94 56-41
Mike Shanahan 1988-89 8-12

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »