« Browns! | トップページ | やっぱりむずかしい »

2008/10/22

名門の苦悩

49ersがNolan HCを解雇し、後任はAsst HCだった(あの)Singletaryとのこと。
Jim McMahonやRichard Dent、William Perry、Willie Gaultなどを擁して強かった時の、
あるいは46守備が可能となった最大のワケと言われた、Singletaryが、interim HCとして
残りシーズンを、どう戦うか楽しみ。

というのも、Nolanの2005年からの四年間、いずれも2勝5敗のスタートだったよう。
http://www.nfl.com/news/story?id=09000d5d80bd0885&template=with-video-with-comments&confirm=true
4勝12敗、7勝9敗、5勝11敗といずれも負け越しながら、気になるのは攻守の(獲得ヤードによる)ランキング。32位/32位、26位/26位となり、昨年は32位/25位、そして今年はMike Martzを攻撃Coordに擁して、攻撃は15位にジャンプアップながら守備は25位。
もともと守備の達人・職人だけに、これだけ悪い成績が(専門の)守備でも続くと「大丈夫か?」と判断が下されたのはやむをえない。
もう一つは名門としてのプライド。以前のどのコーチよりも、四年間の勝率0.327は悪い数字だとか。
NFLはご存知のとおりparityの世界。ドラフト順の完全ウェイヴァー制に始まり、サラリーキャップやフリーエージェンシーなど「チーム力の均衡」を意識した制度があるだけに「いつまでも弱くない。いつまでも強くはいられない」必然があると考えている。それだけに「いつまでも弱いまま」では49ersは許されない。
古くはDan ReevesのもとでBroncosでLBコーチ。上司の守備CoordはPhillips。PhillipsがBroncosのHCに昇格した時、Reevesと共にGiantsに移り守備Coord. その後、TurnerのもとでRedskinsで、BillickのもとRavensで同職を経てのHC。
かようにHC職はむずかしい。

|

« Browns! | トップページ | やっぱりむずかしい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/42865295

この記事へのトラックバック一覧です: 名門の苦悩:

« Browns! | トップページ | やっぱりむずかしい »