« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009/01/18

コーチ異動(4)

昨日の今日で恐縮ですが、案の定Bucsは次のコーチを決めていたよう。守備コーディネータ、キフィンがテネシー大に出ることで、DBコーチから内部昇格が決まっていたモリスが、そのままHCまで一気に昇格。この一カ月でポジションコーチから、一瞬のコーディネータ職を経てHCに。
ここ二年DBコーチ、その前一年がカンザス州立大の守備コーディネータ、その前二年がアシスタントDBコーチ。この時のDBコーチは、今のスティーラーズHCのトムリン。二人が2005年に良い守備を作ったので、トムリンはVikesの守備コーディネータに(そして翌年スティーラーズのHCに)。モリスはカンサズ州立大を一年で終えて、トムリンが去ったDBコーチのポジションに。NFL.COMによれば、グルーデンHCが呼び戻したとか。このトムリン、アシスタントDBコーチの前、NFL入りは2001年のJetsでのインターンということで、まさにライジング・スター。

グルーデンの解雇は、シーズン終盤に崩れたチームとして、Jetsのマンジーニ、Broncosのシャナハンと同じ扱いと言える。
一方で、新人コーチのスミス(Falcons)、スパラーノ(Dolphins)はプレイオフで敗れたものの、一年で見事にチームを建て直し。ハーボウ(Ravens)は依然、勝ち進んでいる。と考えると「若いコーチのエネルギーがチームを変える」とオーナーたちが信じている(最近のトレンドとして)のもうなづける。
ということは、シャナハンやグルーデンを、すぐに雇うチームは無いかもしれない。

RamsはGiantsの熱血守備コーディネータ、スパグヌオーロをHCに決めた。スパグヌオーロは、Giantsで二年守備コーディネータを務める前は99年からずっとEagles。守備アシスタント→DBコーチと、守備の鬼才、ジョンソン・コーディネータのもと上ってきた。99年はEaglesにリードHCが就任した年。やはり若き逸材、将来のHCは、その時の逸材・鬼才が目をつけて近くに置いているのですね。
ホルムグレンのコーチ・ツリーからリードが出て、そこからチルドレス、スパグヌオーロが出たことに。もちろん、マリウッチ、グルーデン、モーニンウェグ、シャーマン、ジョーロンも、そのツリーの中から。
そのホルムグレンは引退。お疲れさまでした。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

2009/01/17

コーチ異動(3)

BucsがグルーデンHCを解雇。プレイオフに出ていないチームのシーズンは(当然ながら)プレイオフ前に終わっているので、JetsやBrowns、Broncosのように「早々と」解雇するのならともかくも、今頃、なぜ?という感じ。ましてGMアレンと「セット」での解雇で、かつ二人とも契約は三年も残っている。(=他のチームに雇われなければ、サラリーは保証されている)
憶測は「すでに後任を決めていて結果を急いでいる」ということ。一つは、守備コーディネータのモンテ・キフィンが、息子レイン・キフィンがテネシー大HCに就任するのに合わせてチームを去るためにDBコーチから守備コーディネータに昇格していたモリスを内部昇格させる案。あとは、例えばシャナハンのように「つい最近、市場に出回ったコーチ」を釣り上げるパターン。前レイヴンスHCのビリックや、前ジャイアンツHCのファッセルなども「市場」にあると言えばそう。
スーパーボウルに勝ったことのあるコーチが、シーズン後引退あるいは解雇されたのは、すでに四人。(ダンジーとホルムグレンが引退、シャナハンとグルーデンが解雇) 残るはベリチックとコフリン。確かにグルーデンはBucsに移った最初の年、2002年シーズンにSuper Bowlに勝った(これもダンジーが遺して行ったものと言われた)だけで、その後はプレイオフに出るのも二回ながら、いずれもワイルドカードで敗退という成績。

以下が、このオフのコーチ異動。[    ]は新任の前職。(   )は前任者。
Browns マンジーニ[Jets HC] (クレネル)
Jets 未定 (マンジーニ)
Broncos マクダニエル[Pats OC] (シャナハン)
49ers シングレタリー[49ers 暫定HC] (ノーラン→Broncos DCに)
Rams 未定 (噂ではCowboysのギャレットOC) (リネハン/ハズレット)
Seahawks モーラ[同 asstHC] (ホルムグレン引退)
Colts コールドウェル[同 asstHC] (ダンジー引退)
Bucs 未定(グルーデン)
Raiders 未定(キフィン/ケイブル)
Chiefs 未定(エドワーズが継続する可能性もあり)
Lions シュワルツ[Titans DC](マリネーリ→Bears DLコーチに)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009/01/12

さあ観戦だ

今晩、NFC Divisional Playoffの収録を済ませました。放映は今晩ですね。私の登板(当番)はこれで終わり、あとは観戦モードです。この週末の4試合も波乱含みでしたね。強い(シード順が上位)のチームが地元で待ち受ける「分かりやすい、上位が有利な」プレイオフの仕組みですが、それをひっくり返すチームの力って、ホントに素晴らしいと思いませんか?
まさに、ここに相手の弱点を探し、準備し、それを実行に移す、というある意味でシンプルな、でも貫徹するのは(相手があるからこそ)難しい「手順」がありますね。これがフットボールという感じがします。もう一つは「一発勝負」への集中力ということでしょうか。一回の試合で勝敗付ける、言い訳無しよ、というところ。ここにハマるチームと、ハメられるチームと。
本命(シード順上位)チームが出てこないチャンピオンシップは詰まらない試合なのでしょうか。プレイオフを勝ち抜いたチームの戦いだから、面白いのでしょうか。
The Sporting Newsというプレビュウ誌だと、AFCはチャージャーズがペイトリオッツに勝つ、NFCはカウボーイズがパッカーズに勝つ、それぞれのチャンピオンシップだと予想されていました。例えばドルフィンズはAFC East最下位、レイヴンズはAFC North最下位、タイタンズはAFC South3位。カーディナルズはNFC West3位、パンサーズはNFC South3位、ヴァイキングスはNFC North3位、そしてイーグルスはNFC East3位。
プロの予想が、そんなものなんですから、ボクは例年「事実を楽しむ」ことにしています。つまり「勝ったものが強い」と。
いよいよ残りは4チーム、試合は三つ、最後に笑う1チームは?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/04

ライスボウル!

このブログをご覧になっている方々の多くはNFLファンだと思います。
ですから、日頃、あまり日本のフットボールに触れる機会がない、あるいは日本のフットボールなんて詰まらないと思っていらっしゃるかもしれません。
我々現場側の努力不足は否めないのですが、日本のフットボールもカードによっては、十分に面白いことを、お伝えできていないと反省しています。
昨年からの選手権で言えば、Japan X Bowl (社会人選手権)や甲子園ボウル(事実上の学生王座決定戦)は、ちょっと残念な試合内容でしたが、最後の最後、昨日のライスボウル(日本選手権)は、このブログで私がしばしば「痛快」と表現するにふさわしい「立命館パンサーズの準備が実り、実行が完璧になされ、試合の中で選手たちが自信に満ちていった」試合だと、NHKの副音声解説(初心者向け)を担当していて思いました。
Japan X Bowlでも、鹿島ディアーズは試合冒頭、準備が実って、パナソニック電工に確か2TDを先攻したと思います。が、その後は、まさに「まわしを掴まれての四つ相撲」になってしまいました。あのまま行ければと観客の一人として思いました。

昨日の立命館も出だしは似ていたと思いますが、それがハーフタイムまで続きました。前半最後はパナソニック電工の反撃が実り、それは後半に入っても確かにパナソニック電工のオフェンスが機能し始めて、フィールドを端から端までドライブしたものの、立命館は失点を最小限に抑えながら、凌いだと思います。
ドライブ出来ているから得点はいつでも出来る(試合のモーメンタムを握っている)実感と、得点という事実の差がトラップだったかもしれません。
試合の結果を決めるのはモーメンタムでも、  1stダウンの数でも、ボール支配時間でもなくて、得点なんだと気づかされました。
ハーフタイムの時の立命館)古橋監督のコメントが「社会人王者は強いというトラウマを払拭できたのが収穫」というものでした。私なりの解釈では「実際に戦ったことのない相手なのに、周囲は強い強いと言うので学生は強い相手と信じていたが、きちんと相手を解析し準備し実行してみたら試合になる。なーんだ強いワケじゃあないんだ。勝てない相手じゃあないんだと学生が自分たちで気づいたことが収穫」ということだったかと。とても重いコトバだと思いました。
こういう選手権試合は、なかなか競った試合にならないのですが、近年稀に見る好試合だと思いました。ライスボウルを生観戦、TV観戦された方からのご意見、ご感想があれば助かります。

| | コメント (7) | トラックバック (2)

NFLプレイオフ on NHK BS1の予定

Wildcard Playoff
1/4(日)24:15~27:00 Atlanta Falcons at Arizona Cardinals 宍戸さん&黒氏アナ
1/5(月)18:15~21:00 Indianapolis Colts at San Diego Chargers 河口さん&中村アナ(以下、3試合ともに当日深夜、再放送あり)
1/6(火)18:15~21:00 Baltimore Ravens at Miami Dolphins 河口さん&野瀬アナ
1/8(木)18:15~21:00 Philadelphia Eagles at Minnesota Vikings 高野さん&黒氏アナ
Divisional Playoff
1/11(日)24:10~27:00 Baltimore Ravens at Tennessee Titans 生沢さん&一橋アナ
1/12(月・祝)24:10~27:00 Arizona Cardinals at Carolina Panthers 輿&中村アナ
1/13(火)24:10~27:00 Philadelphia Eagles at New York Giants 宍戸さん&野瀬アナ
1/15(木)18:15~21:00 San Diego Chargers at Pittsburgh Steelers 高野さん&黒氏アナ
NFC Championship
1/19(月)18:15~21:00 生沢さん&黒氏アナ
AFC Championship
1/19(月)24:15~27:00 河口さん&野地アナ
SUPER BOWL

2/2(月)8時前後から  生沢さん&黒氏アナ


| | コメント (2) | トラックバック (8)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »