« シーズン途中のHC交代って | トップページ | 痛快、再び »

2009/11/12

Week10 preview

木曜に試合があるので、一足先にpreviewですが、この木曜の試合はChicago at San Franciscoですね。
ベアーズの方は、QBカトラーがDenverの頃の勢いが無いですよね。コーディネータのターナーが生かしきれていないのか。スミスHC自身は守備の方(ダンジーHC時代のバッカニアーズLBコーチ、のちマーツHC時代のラムズのコーディネータ)なので。
思えば、攻守にバランス良いHCが減ってきた気がしますね。攻守どちらかのコーディネータとしてチームの躍進に貢献し、よそのチームのHCに招聘されるケースが増えました。その場合に、攻守それぞれの鬼才とか達人の域から、HCというチーム全体を見る「違う視点」で一皮剥けるかどうかですね。
DenverのマクダニエルズHCが、New Englandを真似てチーム作りをしていると某誌に書かれていましたが、シーズン当初からノーラン守備コーディネータに任せた守備作りが奏功している印象です。このノーランさんも、請われてSan FranciscoのHCを務めましたが、いま一つでした。Baltimoreのキャメロン攻撃コーディネータも、ショッテンハイマーHC時代のSan Diegoで爆発的な得点力のオフェンスを指揮したことからMiamiのHCに。でもQBグリーンの負傷とかで不遇の一年で即解雇。なかなか厳しい世界です。
ハナシを戻して、黒人HC(いまでは少なくなくなりましたが)の対決という意味でも、4-4と3-5のチームの対決という意味でも、木曜は楽しみですね。San Franciscoは4連敗中だけに、地元で復調を見せたいところ。
Cincy at Pittも、前回at Cincyで(久々に)負けたPittとしては、sweepは避けたいところ。Pittは調子上がってきていますが、今年のCincyもこの地区を面白くしていますね。
もう一つの楽しみはSunday NightのNew England at Indy。数年前の勢いは両者とも無いけれど、成熟した強み、怖さがあるだけに、楽しみな一番。
DallasとPhillyが、それぞれat Green Bay、at San Diegoで勝ち星を積めるかも注目ごと。
NFC Eastを面白くしてしまった当のNY Giantsはbyeながら、off明けには4連敗でストップしたいところですね。

|

« シーズン途中のHC交代って | トップページ | 痛快、再び »

コメント

こおりさん、失礼しました。修正しました。いつもながら、ありがとうございます。

投稿: 輿です | 2009/11/13 00:01

何か違和感が・・・と思っていましたが、今わかりました。

今週の試合は、Week 10 です!

投稿: こおり | 2009/11/12 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/46739763

この記事へのトラックバック一覧です: Week10 preview:

» Week9 [Cooper's Chronicle]
Dallas Cowboys 20-16 Philadelphia Eagles  共に5勝2敗で地区首位に並ぶ両チームの対戦。ただ、PHIは万能RBウェストブルックが脳震盪の大事を取って欠場。  最終スタッツは似たようなデータでしたが、両チームとも守備ラインが強く、お互いランは100yds出せず。また、PHIは3rdダウン成功率が33%に止まり、攻撃ドライブが続かなかった。こう書くと凡庸な試合に見えますが、それなりにがっぷり四つに組んだ緊張感ある内容で、見応えがありましたね。 Pitts... [続きを読む]

受信: 2009/11/14 00:26

» Week10 [Cooper's Chronicle]
New England Patriots 34-35 Indianapolis Colts  「NFL屈指のQB対決」ー今シーズンの天王山か。NEは6-2で東地区首位、INDは8戦全勝で南地区首位。  NEはラン113yds、パス364yds、トータル477ydsと何をやっても攻撃が爆発。対するIND、ラン91yds、パス316yds、トータル407ydsと、QBマニングが今ひとつ波に乗れず、4Qで2ポゼッション差を追いかける苦しい展開。しかし残り13秒、WRウェインに大逆転のTDパスを決め、I... [続きを読む]

受信: 2009/11/21 11:28

« シーズン途中のHC交代って | トップページ | 痛快、再び »