« ブラインド・サイド | トップページ | しあわせの隠れ場所(2) »

2010/02/22

しあわせの隠れ場所(ブラインド・サイド)試写会

報道関係者向けの試写会が先週開かれていて、ある方のご紹介から試写会に潜り込むチャンスを得ました。私の勤務先、汐留にほど近い、西新橋のワーナー・ブラザーズの試写会場でしたが、13時からの試写会でしたので、「堂々と」半休をとって会場へ。
邦訳を読んで、映画を観た人間としての感想は「キャスティングが素晴らしく、小説のポイントを上手く抽出した映画」というものでした。映画に限らず、受け手の感性により、こういう芸術作品の評価は分かれるものですから、「輿が勧めたけれど、面白くない」と言われてしまう可能性もあります。
それでも私は「よかったぁ~」と、会場を出て、プロモーション担当の方に率直な感想を言いました。
そこに、日頃NHK BS1でのNFL中継でお世話になっている通訳の方(たくさんお世話になっているのですが、そのうちのお一人)もいらっしゃって「フットボールファンは、ニヤニヤしながら観るけれど、フットボールを知らない方にも楽しんで頂けますね」とおっしゃっていました。まさにそのとおり。サンドラ・ブロックという女優のファンの方が、それを理由に行かれても楽しめると思います。
私の場合は「フットボール・ファンだから、冒頭のシーンでニヤニヤ」から始まり、「サンドラ・ブロックを始めとするキャスティングに、いちいち納得しながら頷き」、「自分が知ってるストーリーなのに、展開に感動し」、「自分が知ってる結末に近づくにつれてホッとして」、あっと言う間の2時間8分でした。
主人公、マイケル・オアはメンフィスの街から、ミシシッピ大に進学したワケですが、ミシシッピ大所属のSEC(South Eastern Conference)の競合大学から、当然のようにリクルーティングを受けたワケで、そのシーンでは、ルイジアナステイト(当時)のHCとしてニック・セイバン(今はアラバマで2009年度全米チャンプですし、2005-2006はドルフィンスHCでもありました)、そして2004年まで南カロライナHCだった「御大」ルー・ホルツという、当時のホンモノも登場します。プロダクションノートhttp://wwws.warnerbros.co.jp/theblindside/main/pdf/prodNotes.pdf によれば、当時のオーバーン、テネシー、アーカンソー、ミシシッピ大のHCたちも登場しているようです。お詳しい方は、観た瞬間、分かるでしょうね。
ミシシッピ大入学後のシーンは、ホンモノのマイケル・オアーと、その「家族」の写真や、NFLのドラフトでグッデル・コミッショナーがオアーの名前を読み上げるところなどが挿入されていますが、僕らは「その後、このリアルにつながったんだよなぁ」と感慨深げに眺めつつも、フットボールを知らない方々は、そのリアリティに気づくか感動するか、ちょっと不安でした。でも実話と知っていれば「本人の写真のようだ」とは気づくでしょうし、これがサンドラ・ブロックが演じていた本人なのね、道理で似てる。なんて思うでしょうか。
公式サイトはhttp://wwws.warnerbros.co.jp/theblindside/ なんですが、入力するのに覚えやすいように http://www.kakurebasho.jp/ なんて、表記もあるようです。
(試写会後、会社に戻ったのは、悲しいサラリーマンの性でした)
Any Given Sundayや、Remember the Titansなど、フットボールをテーマにした映画は、これまでも多く、日本で公開されています。この作品も高い評価を受けることを期待しています。アカデミー賞には、作品賞と主演女優賞でノミネートされているそうです。
キャスティングが優れていると冒頭に書きましたが、その中でもサンドラ・ブロック以外に書いておきたいのは、その末息子SJテューイを演じるジェイ・ヘッドでしたでしょうか。

|

« ブラインド・サイド | トップページ | しあわせの隠れ場所(2) »

コメント

けんさん「分かりにくいOLの役割を理解するのには最適」というコメント、ありがとうございます。確かにブラインドサイドを守る価値がクローズアップされたことから描かれていましたし。
鋼平さん「このブログを見せて」とは、たいへん恐縮です。楽しんで頂いて良かったです。今年は右タックルだったオアーが、いつか左タックルで、まさにブラインドサイドを守る日が来ることを祈りたいです。

投稿: 輿です | 2010/03/07 23:23

ブラインドサイド観ました!
良かったです!
一緒に行った彼女にはこのblogを見せて予習させたら話しの流れがよくわかったと好評でした。
フットボールファンはまだセクセスストーリーはまだ終わってないんだな〜と!
PIT.MIN.IND.DENのバスラッシャー達を相手にしてて結果を残してたんですね。

投稿: 鋼平 | 2010/03/04 22:48

いよいよ公開間近になって来ましたね!
しかしアメフト映画は日本での注目度が低いので福岡で公開されるか、寸前まで冷や冷やでした(笑)が、ようやく今日予約できました!6日に観てきます。原作は河口さんのBlogで紹介いただき読みましたが、最高でしたね。自分のようなプレイ経験のないファンには分かりにくいOLの役割を理解するのには最適でしたし、アメリカ社会の実情を垣間見るのにも役立ちました!待ちきれません!!

投稿: けん | 2010/03/03 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: しあわせの隠れ場所(ブラインド・サイド)試写会:

» 映画「しあわせの隠れ場所」サンドラ・ブロックもここで幸せをみつけたようだ [soramove]
「しあわせの隠れ場所」★★★★★満点 サンドラ・ブロック、キャシー・ベイツ ジョン・リー・ハンコック監督、128分 、 2010年2月27日公開、2008,アメリカ,IMJエンタテインメント (原題:THE BLIND SIDE )                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 昨年4月にプロのアメフト・リーグNFLの ボルティモア・レイブンズに ドラフト指名された新人プレイヤー、 マイケル... [続きを読む]

受信: 2010/03/14 13:24

« ブラインド・サイド | トップページ | しあわせの隠れ場所(2) »