« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/17

お詫び

私の2010年度の解説が終わり、野瀬アナ、ディレクター陣と打ち上げを終え、さきほど帰宅しました。
ディビジョナルの4つのカードの中で、文句無しの「永年のライヴァルリー」のカードだけに、仮に得点が入らなくとも、それは拙攻・貧攻ではなく好守の試合であるはずで、3時間枠での放送であるべきでしたが、他の種目のアオリを受けて、生放送ながら2時間枠となってしまいました。それも、このカードにしては得点が多く入り、結果として得点シーンの露出が増えて、良い守備のおかげで締まった試合であったはずの、この試合の全容がお届けできず申し訳ありませんでした。
すでに現地土曜の第二試合、パッカーズ@ファルコンズは、私の期待通りにアウェイが勝ちました。シーホークスは、やはりベアーズの本拠では、しんどい試合になると予想すると、
NFCのチャンピオンシップはパッカーズ@ベアーズという、これまた同地区対決、シーズン三試合目になりそうです。
AFCは同地区のジェッツ@パッツが、あらたなライヴァルリーとして期待されるものの、今期後半のパッツの安定感からすると、よほどのビッグプレイが無いとジェッツに勝機は内科もしれません。では、スティーラーズ@パッツという、シード順1位、2位によるチャンピオンシップという「順当カード」は、どうなるでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2011/01/11

Hot Seat 2

シーズン中にHCが解雇された四チームのうち、カウボーイズのギャレット、
ヴァイキングスのフレイジャーは、それぞれ暫定HCから正式に昇格。
ブロンコスは未定だと思いますが、ナイナーズはスタンフォードからジム・ハーボウを招聘。これでNFLはレイヴンズのジョン・ハーボウと兄弟がHCを務めることになりますね。これまであったことなのかな?
シーズン後の解雇はパンサーズとブラウンズ。
パンサーズの後任には、チャージャーズの守備コーディネータ、リヴェラが有力と報道されていました。これまでナイナーズの同職マニュースキー、ジャイアンツの同職フューウェル、ブラウンズの同職ロブ・ライアンと、いずれも守備コーディネータばかりをインタビュー。うちルーニー・ルールに沿うのはフューエルでした。守備マインドのHCがチームを強くするという信念がオーナーなりGMにあるのでしょうね。
コーディネータとして活躍し、HCとして招聘されるものの、夢叶わずというか、成績が伴わずに、再びコーディネータになっているコーチは、おおぜいいます。
パッカーズのケイパース、ベアーズのマリネーリ、マーツ、レイヴンズのキャメロン、チーフスのクレネル、ライオンズのカニンハム、ジャイアンツのギルブライド、スティーラーズのルボウ、レッドスキンズのハズレット、ドルフィンズのノーラン、イーグルスのモーニンウェグ、セインツのウィリアムス。
これらの方々は、もう暫く「待ち」でしょうか。
例えばジェッツの攻撃コーディネータ、ブライアン・ショッテンハイマーなどは、シーズン後に話題になるかもしれません。
負けてしまいましたがコルツのダンジー前HCのTREEとして、現HCのコールドウェル(バッカニアーズとコルツでQBコーチ)はもちろん、スティーラーズのトムリン(バッカニアーズのDBコーチ)、ベアーズのスミス(バッカニアーズのLBコーチ)、ヴァイキングスのフレイジャー(コルツの守備アシスタント)と現役のHCがサイトで紹介されていました。
遠くはビル・ウォルシュのTREE、その後ホルムグレンとカウハーのTREEが有名ですが、ダンジーのTREEは、見事に皆さんアフリカン・アメリカンです。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2011/01/10

良かった!

ワイルドカードの二試合目を、今晩、収録してきました。(放映は明日の夜)
現地土曜日、日本時間では昨日、日曜の午前に終わっている試合なので、昨日と今日はネット断ちにて、頑張りました。高一の息子がサイトを観ているようだったので「頼むから第二試合は結果も経緯も言わないで」と言いました。その代わりに、セインツ@シーホークスの試合の結果を聞き、これはアップセット!と思ったものの、シーホークスは負け越しながらも地区優勝ですから、第四シード。対する、スーパーボウルのディフェンディング・チャンピオンであるセインツは第五シードなので、アウェイの試合。単純なシード順で言えば、順当勝ちですが、シーズン終盤、ちょっと調子が悪かったセインツが、上り調子のシーホークスにやられてしまった感があります。もっとも、RBリンチの、あのプレイがすべてかもしれませんんが。セインツはWeek16で、マンデーナイトを担当しましたが、ファルコンズに勝ったあの試合がピークだったのかもしれません。
それにしても、第二試合、残り時間と点差の攻防が、きわめてフットボールっぽい駆け引きで面白かったです。さあ次は@ペイトリオッツ、さすがのジェッツも勝てないかもしれません。こうなると、スティーラーズ@ペイトリオッツという、第一、第二シードのチャンピオンシップという、妥当なところに落ち着いてしまいそうな気もしますが、何年か前のスティーラーズのように、ワイルドカード・チームが、あれよあれよと勝ち進む可能性、勢いもジェッツに期待したいところです。
レイヴンズ@スティーラーズは、NFC北地区内の今年三回目の対戦。これも運命。
パッカーズ@ファルコンズは、ドームなので、お互いさまとすれば、戦略・戦術・実行が左右します。
シーホークス@ベアーズは、この時期、寒いところへ行くのは、ヴィジターには辛いところで、ベアーズでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2011/01/02

NFL on NHK BS1 2011年1月の放送予定

放送カードの変更は稀ですが、放送時間は、他の番組構成などの影響で変わることがあります。
当日の新聞あるいはNHK BS1の番組表にて、ご確認をお願いします。

Week17
1/3(月) 22:00-24:50 Tennessee Titans at Indianapolis Colts 大社さん/船岡アナ
1/4(火) 19:00-21:50 Chicago Bears at Green Bay Packers 後藤さん/野瀬アナ
1/6(木) 19:00-21:50 St.Louis Rams at Seattle Seahawks 河口さん/豊原アナ
(同日24時から再放送あり)

Wildcard Playoff

1/9(日) 17:00-19:50 New Orleans Saints at Seattle Seahawks 高野さん/野瀬アナ
1/10(月) 19:00-21:50 New York Jets at Indianapolis Colts 輿/豊原アナ

1/11(火) 19:00-21:50 Baltimore Ravens at Kansas City Chiefs 生沢さん/中村アナ
1/15(土) 12:00-14:50 Green Bay Packers at Philadelphia Eagles 宍戸さん/一橋アナ

Divisional Playoff
 
1/16(日) 19:00-20:50 Baltimore Ravens at Pittsburgh Steelers 輿/野瀬アナ

1/17(月) 25:00-27:50  Green Bay Packers at Atlanta Falcons 高野さん/豊原アナ
1/18(火) 19:00-21:50  Seattle Seahawks at Chicago Bears 生沢さん/一橋アナ
1/20(木) 24:00-26:50  New York Jets at New England Patriots 宍戸さん/中村アナ

NFC Conference Championship

1/24(月) 19:00-21:50 Green Bay Packers at Chicago Bears 高野さん/松野アナ
AFC Conference Championship
1/24(月) 24:00-26:50 New York Jets at Pittsburgh Steelers 河口さん/豊原アナ

Pro Bowl
2/1(火) 19:00-21:50 生沢さん/松野アナ

Super Bowl
2/7(月) 8:00-    高野さん/松野アナ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

Hot Seat

現地のpreview誌にはhot seatという表現があります。
「その座が危ういヒト」ということになりますね。
すでにHCは、CowboysのPhillips、VikingsのChildress、BroncosのMcDaniels、49ersのSingletaryと四名が解雇。
BengalsのLewisは契約最終年なので、おそらくは更新されないでしょうね。
オハイオ州出身のフロンティアーズOB(彼はハーヴァード大を出て研究者として勤務していました。いまは米国富士通研究所)に先日会ったら「コドモが多いチームだから、Coach Lewisは辟易、疲れているのだろう」とのこと。ある意味、達観している感じがあります。
そして今日、報道されているのがPanthersのFox HC。もともとGiantsでPercells「政権」において、攻撃を(現Saints HCの)Paytonが、守備をFoxが観ていました。QB Delhommeの不調くらいから歯車がかみ合わなくなりました。

コーチついでに言うと、先週のMNF Saints at Falconsにはシビれましたが、FalconsのSmith HCはRavensのLBコーチとして、上司はDel Rio守備コーディネータ。Del RioがJaguars HC就任と同時に連れて行きました。同時期RavensのDLコーチは現Jets HCのRex Ryan。思うにDel Rioのコーチツリーというよりも、当時のRavens HC Billickのツリーでしょうか。
NFL.COMでこのBillickと(前Seahawks HCの)Jim Mora Jrが、49ersのSingletaryは何が悪かったのか、という会話をしていて、Moraは「守備コーチは、感情的な反応を選手に求めるが、攻撃の選手にも求めたからではないか」と。Saints at Falconsを観ていても、攻撃マインド(実際、いまでもプレイコールを出してる)Paytonと、真っ赤になって抗議しているSmithとは違う感じがしました。

BrownsのMangini、TitansのFisher、TexansのKubiak大丈夫でしょうか。
GiantsのCoughlin大丈夫でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地区優勝の意味、重み

Week17のRams at Seahawskで勝った方がNFC Westの地区優勝ということなので、
Ramsが勝っても8-8、Seahawksが勝つと7-9で地区優勝という史上初(?)のことになるそうです。で、この勝率より高い勝率のチームが他の地区で地区優勝はともかくも、ワイルドカードにも出られないって、どーよ、というのが現地の議論と聞いています。
勝率が低い、たしかに情けないハナシです。
が、たまたま今シーズンのブログで、Week1でTexansがランでColtsを圧倒した時に、地区内ライヴァルリーのハナシを書いたように、今のNFLでは「地区優勝の重み」なるものを重視していると思います。実際、年に二回ずつやる相手で、年間16試合のうち6試合を占めているのならば、「地区内対決を、いかにきちんと戦ったのか」は、地区外対決で出来が悪くとも(星が伸びなくても)評価されるべきかと。
ですから、私は「負け越したのは、たまたまだけれど、これまでも勝率5割で地区優勝はあった筈だし、地区優勝がワイルドカードより上位のシード権を持つことに異論無し」という立場です。

AFC残り1チームは、その地区内対決、Titans at Coltsですが、TitansはQB Kollinsがスタートと明言されており、意外性は期待できないかと。で、ColtsがSouthの地区優勝&最後のプレイオフの椅子を確保。Ravensは第五シード確定とすれば、Ravens at Colts、Jets at Chiefsでしょうか。AFCのプレイオフチームは最終週、いずれも勝ち星を伸ばしそう。

NFC West、SeahawksはQB Whitehurstがスタートならば、Ramsには勝てず。EaglesはCowboysとの試合結果に関わらず第三シード確定でPackers at Eagles。(私はBears at PackersはPackersが勝つと思います) もう一つのワイルドカードはSaints at Ramsで、Ramsにはシンドイ試合。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »