« NFL on NHK BS1 2011年1月の放送予定 | トップページ | Hot Seat 2 »

2011/01/10

良かった!

ワイルドカードの二試合目を、今晩、収録してきました。(放映は明日の夜)
現地土曜日、日本時間では昨日、日曜の午前に終わっている試合なので、昨日と今日はネット断ちにて、頑張りました。高一の息子がサイトを観ているようだったので「頼むから第二試合は結果も経緯も言わないで」と言いました。その代わりに、セインツ@シーホークスの試合の結果を聞き、これはアップセット!と思ったものの、シーホークスは負け越しながらも地区優勝ですから、第四シード。対する、スーパーボウルのディフェンディング・チャンピオンであるセインツは第五シードなので、アウェイの試合。単純なシード順で言えば、順当勝ちですが、シーズン終盤、ちょっと調子が悪かったセインツが、上り調子のシーホークスにやられてしまった感があります。もっとも、RBリンチの、あのプレイがすべてかもしれませんんが。セインツはWeek16で、マンデーナイトを担当しましたが、ファルコンズに勝ったあの試合がピークだったのかもしれません。
それにしても、第二試合、残り時間と点差の攻防が、きわめてフットボールっぽい駆け引きで面白かったです。さあ次は@ペイトリオッツ、さすがのジェッツも勝てないかもしれません。こうなると、スティーラーズ@ペイトリオッツという、第一、第二シードのチャンピオンシップという、妥当なところに落ち着いてしまいそうな気もしますが、何年か前のスティーラーズのように、ワイルドカード・チームが、あれよあれよと勝ち進む可能性、勢いもジェッツに期待したいところです。
レイヴンズ@スティーラーズは、NFC北地区内の今年三回目の対戦。これも運命。
パッカーズ@ファルコンズは、ドームなので、お互いさまとすれば、戦略・戦術・実行が左右します。
シーホークス@ベアーズは、この時期、寒いところへ行くのは、ヴィジターには辛いところで、ベアーズでしょう。

|

« NFL on NHK BS1 2011年1月の放送予定 | トップページ | Hot Seat 2 »

コメント

長い文になることを許してください。

あー!なるほど。わかりました^^

私も、最後のタイムアウトには、「えっ!?」でした。ペイトンも「ねぇ、なんで?」って感じでしたよね。
1st&10で、LTのランの後、2nd&8の時ですよね。
ジェッツの為、サンチェスの為、ショッテンハイマーの為に、タイムアウトを取ってあげたようにしか見えません。ジェッツはあの時点で、残り1個のタイムアウトしかなかったんで、コルツがあそこでタイムアウトを取らなければ、サンチェスは、スパイクか、残り1個のタイムアウトを取ったと思うんです。
あ、でも、タイムアウトを取るんだったら、真っ先に取りますよね。
そうすると、ノーハドルオフェンスを、する気だったのかなぁ・・・
コルツ側は、ノーハドルをされると、自分達のアサイメントが徹底されないから、すぐにタイムアウトを取ったんですかね?
まさか、FGを決められた後の事を考えていたとかは・・・

言ってる事が滅茶苦茶ですみません^^;
でも、考えれば、考えるほど、謎が深まる(笑)

結局、タイムアウト後、Kフォークを楽にさせてあげた、サンチェス→エドワーズへ18ヤードのパス。
スパイクすると思いましたが、サンチェスは時間をそのまま流して、
ジェッツ・タイムアウト→Kフォーク登場→ライアン万歳。

コールドウェルが最後のタイムアウトを取ったのかどうかは分かりませんが、
タイムアウトを取った意図を、聞いてみたいですね。

最後に。ジェッツが、敵陣34ヤードでの1st&10で、LTのランではなく、パスを選択していたら、どうなっていたんだろうって、思っています。

投稿: おくの | 2011/01/12 00:42

初めてコメントします。いつも輿さんのときは主音声で録画中継を二度見させてもらってます。
コルツの4Q残り29秒のタイムアウト、向こうのメディアでも「これが敗因」とさんざん叩かれてるみたいですね。「若いQB(サンチェス)にあそこでコーチにちゃんと話ができる時間を与えるべきではなかった」というのが大方の論調のようですが、輿さんもやっぱりこのタイムアウトは敗因と言えるほどまずい判断だったと思いますか?
コールドウェルは「相手に試合終了まで時間使わせたくなかった」「ファンブルさせるかかサックするチャンスはあった」とか言ってたようなんですが、2nd&8でジェッツがタイムアウト1つ持ってるわけですから、微妙ですよね…

投稿: とがさか | 2011/01/11 23:47

おくのさん、いつもコメントありがとうございます。
プレイクロックの表示を覚えていないのですが、コルツは時間を使い切る意識はあったと思います。ノーハドルは、必ずしもハリーアップしているのではなく、いつでも始められるため、守備はハドルがしづらく、結果、アサイメントの徹底が不利になりがちかと。かつオーディブルに時間を使えますよね。試合後のインタビューで「時間を残しすぎた」と言ってたので、使い切りたかったのに残ったことに悔いがあるでしょう。ただし、信頼できるランがなく、ファーストダウンを続けるためには、パスを投じる必要があることが、そもそもコルツには不運とも言えるかと。
私が解説しててコトバに詰まったのは、最後のコルツの守備でのタイムアウトの意図です。2nd&8だったと思いますが。

投稿: 輿です | 2011/01/11 23:27

コルツ、最後の2分間。
時間の使い方が、よく分かりませんでした^^;
オフェンスですが、残り時間0秒の時に、逆転してれば良いということは、TDを取る必要は無い。
Kビナティエリなので、ちょっと距離があっても、任せられる。
なのに、マニングは、ノーハドルオフェンスで、時間を使わないでドライブしようとした。
ディレーギリギリまで時間を使ってドライブするわけにはいきませんが、
あんなに急ぐ必要も無かった気がします。
マニングが急がずにドライブをして、
ジェッツがTOを使って、50秒残るんだったらおかしくないんですが・・・。

ジェッツ@ペイトリオッツ
レックス・ライアン、リベンジ第2章が始まりますね(笑)
レギュラーシーズン2回目の対決では、完膚なきまでに叩きのめされたので、
コルツ戦のように、地上戦で戦えるかどうかですかね?

シーホークス@ベアーズ
シーホークス、寒い所での試合なので、厳しいかもしれないですが、
セインツ戦よりは、勝機がある気がします。
気がするだけです^^;

投稿: おくの | 2011/01/11 22:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/50552049

この記事へのトラックバック一覧です: 良かった!:

» Wild Card Weekend-3&4 [Cooper's Chronicle]
Baltimore Ravens 30-7 Kansas City Chiefs  12勝4敗でAFC北地区2位のBAL(第五シード)@10勝6敗で西地区優勝のKC(第四シード)。  序盤、KCが3-7とリードする場面もありましたが、KCは3INTに2ファンブルロストで5個のターンオーバーを献上。BALに合計41分44秒、25個の1stDown更新(KCはたったの8個)を許し、完全にBALの地力が上回ったゲームでした。  KCはプレーオフで最後に勝ったのが1994年とか。再建の道は始まったばか... [続きを読む]

受信: 2011/01/11 00:00

« NFL on NHK BS1 2011年1月の放送予定 | トップページ | Hot Seat 2 »