« Intentional Safetyの可能性 | トップページ | 関東は法政、関西は関学 »

2012/11/18

フロンティアーズ、Final Stageへ「残った」

Xリーグのプレイオフ、2ndステージ:
Bブロックは、オービックがアサヒ飲料にも勝って全勝をキープ、優勝
Cブロックは、鹿島が富士通フロンティアーズに勝って(27-15)全勝をキープ、優勝
Aブロックは、前節IBMに屈したノジマ相模原ライズがパナソニックを28-27で破り逆転優勝。(5勝2敗で並んだけれど、直接対決で勝ったため)
さて、残る一つのワイルドカードは、優勝していないチームのなかで勝ち星の多い、パナソニックと富士通で、いずれも5勝2敗。対戦した勝利相手で2ndステージ上位リーグに進んだチームの勝ち星、つまり、どちらもIBMとアズワンに勝利しているため、合計8勝。直接対決は無し、ということで、抽選に。抽選に勝ったフロンティアーズはFinal Stageに残り、4チームの対戦組合せは抽選の結果、12/2(日)14:30@横スタで、フロンティアーズと鹿島の再戦、そしてオービックと相模原ライズの戦い(同日同会場11時)に。
http://www.xleague.com/news/news_league/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B8%E7%B5%84%E3%81%BF%E5%90%88%E3%82%8F%E3%81%9B%E6%B1%BA%E5%AE%9A%EF%BC%81%EF%BC%81/

|

« Intentional Safetyの可能性 | トップページ | 関東は法政、関西は関学 »

コメント

富士通とパナソニックは、これまで直接対決が無かったため、いわゆるhead-onでは比較できませんでした。で、もともと規定にあるとおり「対戦相手で勝った相手のうち、上位リーグに進出したチームの勝ち星の和」が次の条件で、同じでしたので、抽選。

あと、ワイルドカードが他の優勝3チームと同列で抽選、というのは、確かにフシギな感じがしました。たとえば、パナソニックが優勝していて、ワイルドカードのチームが東のチームならば、そのチームが最優先でアウェイとして大阪で試合することが決まる、くらいあっても良い気がしました。

投稿: 輿です | 2012/11/19 22:30

進出おめでとうございます。

トーナメント初戦が、リーグ戦最終戦の再戦とはNFLのようですね。

ただ、富士通がどうとか、今年がどうとかではないんですが、ワイルドカードのチームがブロック優勝と同じ扱いというのがちょっと解せません。
NFLのようなホームフィールド・アドバンテージができないにしても、たとえばコイントスなしに前後半ともにキックオフするとか、同点で4Q終了なら負けにするとか、ちょっとだけディスアドバンテージがあると、面白いかも・・・

投稿: にしき | 2012/11/19 00:48

進出おめでとうございます。
でも「ワイルドカード出場チームの決定方法」は、あまりタイ・ブレークしないような。(笑)
最後に抽選すればいいというところでしょうか。
コイン・トスではないんですね?

投稿: こおり | 2012/11/19 00:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/56143612

この記事へのトラックバック一覧です: フロンティアーズ、Final Stageへ「残った」:

» Week11 [Cooper's Chronicle]
San Diego Chargers 23-30 Denver Broncos  4勝5敗でAFC西地区2位のSD@6勝3敗で同首位のDENの同地区対決。  終わってみればこの点差、でもSDは全然ふがいなかった。3Q最後にTDパスを決めるまで、奪った得点はINTリターンTDとセイフティという、守備だけでの得点。ランは53ydsしか出せず、QBリバースの成功率も59.5%。1stDown数も13個。パントは10回で、後1回蹴ればチーム記録を更新してしまうほどの拙攻続きだった。  対するDENのQ... [続きを読む]

受信: 2012/11/24 08:13

« Intentional Safetyの可能性 | トップページ | 関東は法政、関西は関学 »