« NFL on NHK BS1 Week13~17の予定 | トップページ | 甲子園とJXB »

2012/12/13

Texans

期待した好カードでしたが、なかなか上手くは行きませんね。一方的な試合になってしまいました。Patsのブレイディ含む攻撃陣のノーハドルが、あまりにテンポ良く攻めていったというのが、まず第一ですね。途中、数字が出ていましたが、NFL最速(?)の1プレイあたりのテンポだったようです。野瀬アナとも試合後話していたのですが、プレイ一つ一つの解説をするのに精一杯で、それ以外の話題に、なかなか移れませんでした。ずーっとフィールドにいる印象ながら、Time of Possessionは、Texansが上回っていたりして、プレイの数をカウントできていなかったのですが、ああなると、単にボール確保時間の問題ではなくなりますね。
Texansの守備も、ハーフタイムにクビアックHCが「良くなってる」と言ったように、確かに前半終了時点では、三回連続のthree and outだったので「3rd and longを残せば、なんとかなる」雰囲気はありました。
が、それも後半になって、自チームの攻撃がかみ合ってこないために、あまり意味は無かったですね。
試合前、1敗のチームと3敗のチームの対決と考えない方が良い、と触れたのですが、まさにそのとおりでした。

さて、Texansは残り3試合、Coltsとhome and away。QBラックのホームタウンがHoustonということで、homeでも声援は厄介でしょうし、awayでは、パガーノHCのサイドライン復帰で、「頑張れChuck」ムードが厄介でしょうね。どちらかは落とす気がしますので、13-3でレギュラーシーズン終えるかと。
対するPatsは49ersにも勝ってしまいそうな雰囲気でした。二週連続のMNF、舞台に不満はないですね。しかるに13-3まで星を伸ばしそうです。逆転でシード1位という可能性も出てきた勝利と言えるのかもしれません。
結果、Coltsもワイルドカード入りとなると、マニングのBroncos、ラックのColtsと、楽しみな顔ぶれになりますね。
Northは、Ravensの攻撃コーディネータ解雇がどうなるか。昨年までColts HCのコールドウェルQBコーチがコーディネータ昇格となっていますが、この時期の交替と、コールドウェル自身はプレイコールしたことが無かったことが、メディアは不安視していますね。ジョン・ハーボーHCもEaglesではDBコーチや、スペシャルチームコーディネータだったので、プレイコールできる攻撃マインドのHCとは言えないでしょうし。
ただし、Ravensの攻撃の好不調が激しいことは、QBフラッコのせいだけではない、ということが、今回の粛清の意味するところかと。

|

« NFL on NHK BS1 Week13~17の予定 | トップページ | 甲子園とJXB »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/56309202

この記事へのトラックバック一覧です: Texans:

« NFL on NHK BS1 Week13~17の予定 | トップページ | 甲子園とJXB »