« それにしても | トップページ | 新HC八名は決まり »

2013/01/16

オレゴン大チップ・ケリー!

チーフス:アンディ・リード (前イーグルスHC)
ビルズ:ダグ・マローン (前シラキュース大HC、元セインツOC、元ジェッツOLコーチ)
ブラウンズ:ロブ・ジャジンスキー (前パンサーズOC)
まで決まっていましたが、今日になり、
ベアーズ:マーク・トレストマン (前CFL、元レイダースOC、元カーディナルスOC)
チャージャーズ:マイク・マッコイ (前ブロンコスOC、元パンサーズOC)
と決まりましたね。
残すところは、イーグルスとカーディナルス、ジャグアーズです。
と昨夜書いていましたが、いったんはNFL入りを断ったと報道されたオレゴン大HC チップ・ケリーがイーグルスHCを決めたそうです。よほどの魅力的なオファーがあったのでしょうねぇ。イーグルスも、ゼッタイに落としたかった候補なのでしょう。

トレストマンは、暫くNFLから遠ざかっていたのですが、逆にCFLで名を上げたというところのようす。ベアーズは攻撃マインドのコーチと決めていたフシがありますね。
いまハヤリのプレイコールするHCになるのでしょうか。そのためには、ベテランの守備の達人をDCに据える必要がありますね。実際、セインツのペイトン、パッカーズのマッカーシー、テキサンズのクビアック、かつてのグルーデンなどは、それぞれウィリアムス、ケイパース、フィリップス、キフィンのような守備の達人オヤジを擁しています。特にHC経験があったりすると、HCの気持ちも分かってくれるのか、HCはプレイコールに集中できる感じがします。
キフィンは、なんとカウボーイズが呼びましたが、これが吉と出るか凶と出るか。
テキサンズの快進撃、特に、昨季の守備の躍進は、間違いなくフィリップスを呼んだことによるものです。
マッコイは、もともとパンサーズでフォックスの部下。パッツからマクダニエルがブロンコスHCに就いた際に、パンサーズから引き抜かれてブロンコスへ。そして、あとからフォックスがブロンコスHCに就いたので、かつてのボスと再会というところでしょうか。それでも、今年のブロンコスの躍進は、コーチを実質的に兼ねるペイトン・マニングの加入によるところ大であって、マッコイが、どのくらい貢献したのかは、これからのチーム作りで問われるところです。

|

« それにしても | トップページ | 新HC八名は決まり »

コメント

ケリーさんは「どれだけ頑張ってもオレゴンでは正当に評価されない、相変わらずリクルーティングも苦労してるし」みたいな不満もあったようです。イーグルスにとってはディック・バーミールさんをUCLAから迎えて以来の、カレッジのランキング校からの大物コーチ招聘になるとかかんとか、です。happy02

投稿: ケラ | 2013/01/17 07:15

お久しぶりです。昨年10月に介護していた父が他界した為、事後処理やら、その気になれなかったはで、今シーズンはWeek16辺りからの観戦になったのですが、私を待っていたのは二人の寂しい引退のニュースでした。

レイブンズのR・ルイスは復帰・即プレーオフでも大活躍している様ですが、我等がアンザローン・エドが「ファイヤーマン・エド」を引退する模様ですね。

ネットで調べた限りでは、引退の理由は心無いファンの暴走及び中傷に愛想を尽かしたとの事らしく、自らは相変わらずJETSの応援は続けて行くとコメントしている様です。

贔屓のチームが劣勢の時、あるいは調子が悪い時こそ応援するのが本当のファンのはず。
身勝手なファンのせいでJETSはエースRBに匹敵する戦力を失ったにも等しいダメージを被ったのではないでしょうか?(ファンの罵声には球団内部のゴタゴタにも一因がありそうですが…)

傷心を癒したエドおじさんが、再びジェッツ・チャントを指揮する日が来る事を願ってやみません。

投稿: 木曜どうでしょう | 2013/01/17 04:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/56556945

この記事へのトラックバック一覧です: オレゴン大チップ・ケリー!:

» Divisional Playoffs-3&4 [Cooper's Chronicle]
Seattle Seahawks 28-30 Atlanta Falcons  11勝5敗でNFC西地区2位のSEA(第五シード)@13勝3敗で南地区優勝のATL(第一シード)。  何という試合だ!ATLの劇的な再逆転勝利!  前半は完全にATLペースで0-20。ATLはパスのチームのはずなのに、RBターナーが98yds、ロジャースが64ydsとランで圧倒。ターンオーバーの応酬もあったが、SEAは自慢のリード・オプション、RBリンチのラン(計僅か46yds)が全く出ない。  しかし後半、SE... [続きを読む]

受信: 2013/01/19 16:48

« それにしても | トップページ | 新HC八名は決まり »