« 木曜16日23時からBS出てました | トップページ | 2014シーズン開幕、してしまいました »

2014/01/20

まいりました

先週木曜にみなさんの前で言ったスーパーボウルのカードの予想は、二つとも外れました。勢い、とか、過去の苦手、とかじゃなく、今の実力、総合力、なんですね。

お恥ずかしい。

|

« 木曜16日23時からBS出てました | トップページ | 2014シーズン開幕、してしまいました »

コメント

コービー・キャメロンというNFLに近付いたQBが富士通に加入してるとは、びっくりしました!
Xleagueをかき回してくれそうで楽しみです。
彼に関する情報なども紹介して頂けたら嬉しいです。
あとブラウンズの試合の解説をなさることがあれば、コービーから仕入れたジョーダン・キャメロン情報も楽しみにしてます(笑)

ゴードンやアディヤミなど、富士通にもアメリカ人選手が増えていい刺激になりそうですね!

投稿: ひでぼー | 2014/05/08 06:59

輿さんの解説に、共感される方がいました。

私も、同じ思いですので、うれしく感じました。

http://bylines.news.yahoo.co.jp/iotatatsunari/20140223-00032928/

投稿: | 2014/02/23 14:59

月曜の便にご搭乗ですと、そろそろご帰国でしょうか、と思ったら、現地の月曜朝から大雪でJALは3時間、ANAは4時間遅延してますね・・・。(夕方便だと5時間で深夜到着)
帰国しても雪ですよ。

他の方も書かれてなくて連投するのもなんなんですが、タラレバを言うとすると、やはり「タラレバを言うということは、そちらの方に力がなかった」という「ある種の伝説」の通り、デンバーに力がなかったですね。
オフェンス優位のチームの場合、やはり事前準備が一番重要でしょう。ディフェンスはリアクションが大事というように、事前の準備が大事だとしても、現場でいかに臨機応変に対応できるかが重要。
そのへんで態勢が崩れた場合、攻撃には破たんが起こりやすく、その際に守備は本領を発揮するということがまざまざと示されたゲームではなかったかと思います。
ドロップバック・タイプのパッサーであるがゆえ、守備側としては対応がしやすい、トラップをしかければ、ピンポイントに投じられたパスは予定通りに飛んできます。

ここで思いついたことがあります。
この年代の男子であれば、百人中95人は知っているであろう大リーグボール1号。
魔球ではありますが、板の穴を通すコントロールを持つ星飛雄馬が相手のバットスイングを読み切ることで成り立ちます。
マニングのパスのようでもあります。(笑)
この魔球を打ち破るにはいくつかの方法がありました。力ずくで振り切る花形の打法はレシーバーにハードヒットをくらわせて落球を誘う守備であるかもしれません。
一方、オズマが打ち破ったのは実に単純です。(もちろん実行は難しいですが)
バットをストライク・ゾーンに振って見せることで魔球は単純なストライクの投球になったのです。
つまりプレーさえ読み切っていれば、確実にそこにパスが来る。そこに「もろさ」が生じます。
現実のプレーでは、「そこ」に投げるか、「あっち」に投げるか、なかなかわからないのでパスはかなり成功します。
一方、プレーが崩れた場合、どうなるかというと、選択肢が減った分、その後のプレーが読みやすくなります。
シアトルの守備は激しいものではあっても、QBサックは1回だけ(それでファンブルさせましたが)でした。パスを失敗させるよりもむしろプレッシャーや攻撃態勢が崩れることで、パス・ミスを誘うのが戦術だったのではないでしょうか。
そして、当初意図したコースではないパスを投じさせて、そこにディフェンスを送り込む。
苦し紛れに投じられたパスを受けてもすぐにヒットされる、パスがはたかれる、はじかれたパスをインターセプトされる。
まさに守備コーディネーターを中心とするスタッフの準備の勝利です。
浮いたパスを奪い取ったLBはラッキーというよりも、あらかじめあの場所に位置していたのでは?と思わないでもありません。(Moreno は捕球を邪魔するでもなく、すぐに追いかけるでもなく、対応が遅れたのは若さでしょうか、RBだったからでしょうか。)

冒頭の「タラレバ」に戻ると、もしもManning ではなく、Brady だとしたら。
態勢が崩れた時こそ持ち味が出る彼だったら、シアトルの守備を欺くプレーができたかもしれません。まあ、Welker はデンバーなんで、彼もいっしょと言うことで。(笑)

おまけ
ゲーム冒頭のプレー(Safety)が話題ですが、私自身ゲームを見て最初に違和感を感じたのは、デンバーの本当に最初のプレーでした。
なぜタッチバックにしなかったのか。
もちろん、Holliday は平均で30ヤードくらいリターンできるプレーヤーですが、それでもあの大舞台で賭けに出る必要はなかったと思いました。(結果論ではありますが)

投稿: こおり | 2014/02/04 17:16

スーパーボール最後まで分からない熱戦を期待したんですが、ちょっと残念でした。
後半開始早々のキックオフリターンタッチダウンで、ゲームが決まってしまいました。
スーパーボールも終わり寂しいですね。

投稿: パッツ | 2014/02/03 19:04

お疲れ様です。
「えてして」ということが現実になっちゃった試合で、まことに解説泣かせというか。(笑)
基本ができている人が、奇手もはまったら、鬼に金棒、というゲームでした。
デンバーに最初に攻撃させるという余裕が、100%どころか150%くらい実力に裏付けられている自信があったのでしょうかね。
まずはボールに向かい、ラインを抜けたりアンダーニースのレシーバー、ランナーは走路ですぐに仕留める。
一方のデンバー守備は甘いというか、おとなし過ぎてタックルは仕留めるに至らない。
QBが走るか走らないか、その点でも守備の負担に差が出ました。
Manningびいきのうわさも聞きましたが、やはりお祭り好きの観客はデンバー攻撃中にうるさかったですね。^^;)

投稿: こおり | 2014/02/03 12:38

中継が始まりました。キックオフまで30分弱。
直前予想というか、まあデンバーを応援してますが、現地の心情もデンバー(エルウェイ)寄りと言うことで、クラウド・ノイズもシアトルほどにはないのではないか・・・と予想。
やはり、ラン(ショート・パス)で時間を稼いで、相手に攻撃権を渡さないことが鍵と言う基本的な戦術は変わらないんでしょうね。寒冷地のゲームということもあり確実性のあるランを中心に、ということもあるでしょう。
そんな中でスペシャル・プレーとしてありそうなのが、ランと見せてフリー・フリッカーでパス。しかもロング・パスと見せて、セカンダリーを思い切りレシーバーに引き寄せたアンダーニースへのパス。
このプレーが出るとしたら、デンバーの勝利と予想します。(当たり前か・笑)
シアトルが勝つとしたら、Moreno と Welker を完璧に抑える、たとえロングパスが通っても。そして、Lynch がボール・コントロールで試合時間を支配して、Manning にボールを渡さない。

二人の Thomas をデコイにして、Welker をパスではなくランに使ったりして、Manning がかつての Elway のような闘志あふれるプレーを見せることで、シアトルのディフェンスを打ち破る。
ディフェンスは Wilson を混乱させ走らせることで疲弊させ攻撃能力を奪い取る。
そんなゲーム展開でデンバーに勝利をという筋書きが、あるとハッピー・エンドかな。^^;)
あと10分!

投稿: こおり | 2014/02/03 08:20

マニングの「Omaha」が、アメリカで話題になっているのは、一回言うたびに、チャリティーに寄付されるからだ、とチャージャーズに勝った翌日、CNNで言ってました。

投稿: さわだ | 2014/01/26 19:19

お疲れ様でした。
いやあ、おもしろかった。現地放送の内容まで細かくお伝えくださってよかったです。(主音声だとカットされちゃったりしてましたので)
輿さんがプレーで活躍した選手の名前を挙げた直後に現地映像がその選手のアップを写しだしたときには喝采でした。
NFCの方では副音声で早送りで見ましたが(「旗を揚げていたのは誰だったんでしょう」というコンビでしたので・・・)、AFCの方はところどころ倍速にしたものの音声は聞きとれる倍速で見たので時間がぁ。(笑)

閑話休題。解説陣の方々がおっしゃっていたように、今季のプレーオフの試合では、ラン・プレーと時間消費、つまりボールとクロックをいかに管理するかが鍵だったように思います。
多かったのは、パスを少なくしてランで時間を消費し、結果的に相手の攻撃機会を減らすというものでした。ブロンコスの場合はランも使ったものの、ショート・ヤーデージのパスを使う、ひと頃のウェストコースト・オフェンスを思い起こさせる刻み方のようにも見えましたが、それよりもかつて NY Giants が見せたランでひたすら時間を消費する攻撃のように、パスなのに地を這う攻撃のような印象を持ちました。

また、得意の攻撃を封印するかのように抑えて攻撃することで体力を温存することも、後半の逆転、あるいは後半も好調うぃ維持することにつながった試合もあったと思います。QBの場合は、序盤で走り過ぎて後半パスが乱れるようなケースがありました。NFC Championship を見ていてキャパニックも心配だなぁと見ていたら、それほどでもなかったにせよ、後半にあと数本、パスが決まっていたり、ランが稼げていたかもしれないという気がします。(最後のプレーも逆転できたかも)

さて、寒冷地屋外のスーパーボウル。
船岡アナが思わず「楽しみです」とおっしゃってしまわれましたが(笑)、もしかしてペイトンは、既に出場するつもりでグラブをしているのではないかと思ったり。^^;)
デンバーであの天候は、大いに味方したと思いますね。

投稿: こおり | 2014/01/21 03:57

いやあ、今年は珍しくシーズン前の下馬評通りの2チームになりましたね!
意外とどっかでアップセットがおきたりもするNFLでは珍しいと思いますね。
第1シード対決は2009シーズンのセインツvsコルツ以来でしょうか。
イーライは兄のホームで勝ちましたが、ペイトンは弟のホームで勝てるのか?
そのあたりのドラマも楽しみです。
レシーバーvsディフェンスバックも楽しみですが、あのガチガチに固いオフェンスラインのプロテクションをシーホークスが破れるのか、けっこうポイントになりそうですね!

投稿: ひでぼー | 2014/01/21 00:40

マニングは凄すぎましたね。
ペイトリオッツは、攻守のタレント不足が顕著な気がします。レシーバー、パスラッシャー、セカンダリーは特に。
スーパーボール楽しみですね。

投稿: パッツ | 2014/01/20 22:06

輿さんがしきりにペイトンのグローブを外さないのを気にしてましたが、たしか11月ぐらいから寒さ対策で付けてるらしいので急に外すと逆に間隔がずれるんじゃないかと。

投稿: | 2014/01/20 21:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135927/58980187

この記事へのトラックバック一覧です: まいりました:

» AFC Championship [Coopers Chronicle]
New England Patriots 16-26 Denver Broncos  AFC東地区優勝のNE(第二シード)@同西地区優勝のDEN(第一シード)。  デンバー・ブロンコス、勝ってあのエルウェイ連覇以来、15年ぶりのスーパーボウル進出!マニング対ブレイディの15回目の直接対決は、マニングが制した。  もうスタッツなんてどうでもいいかも知れない。が、DENの圧勝だった。パス獲得400yds、総合計507yds(NEは総合計320yds)。攻撃時間もDENが35分44秒、ブレイディに出... [続きを読む]

受信: 2014/01/22 06:53

» NFC Championship [Coopers Chronicle]
San Francisco 49ers 17-23 Seattle Seahawks  NFC西地区2位のSF(第四シード)@同優勝のSEA(第一シード)。  解説の河口さんが「フットボールの神様がいるようだ」と言ってましたが、それほど、どちらに転んでもおかしくない試合だった。両チームとも、固い守備に走れるQBと、また似たチーム同士の地区内ライバル決戦。  前半は、10-3とSFがリードした。特にQBキャパニックは101ydsランと、SEAの合計ラン獲得ヤードを一人で軽々上回った。しかしSEA... [続きを読む]

受信: 2014/01/23 06:44

» Pro Bowl [Coopers Chronicle]
Team Rice 22-21 Team Sanders  今年から、AFC対NFCという構図が変わり、ジェリー・ライスとディオン・サンダースがピックした選手でチームを組んで戦う、というもの。面白い趣向だ。 ・同じチームの選手が違うチームにピックされてるので、攻守で同じチームの選手同士がぶつかり合う。わからなくなるよ(苦笑)。 ・昨年までのユルい、大甘な試合じゃなくて(AFC 35-62 NFC)、守備が猛ラッシュしていて結構ガチンコ対決になってた。プロボウル改革もこうなったか。 ・因みに、... [続きを読む]

受信: 2014/01/29 06:37

» SUPER BOWL XLVIII [Coopers Chronicle]
Seattle Seahawks 43-8 Denver Broncos リーグ最強ディフェンスのSEA、リーグ最強オフェンスのマニングを圧倒してスーパーボウル初制覇!マニング、二度目の制覇はならず…。リーグ最強守備のSEA、プロボウル三人の長身守備バックを擁してロングパスをシャットアウトし、短いパスは投げさせて止める。そしてターンオーバーを奪う。QBマニングは34本のパス成功(スーパーボウル記録)ながら、僅か8点。 攻撃では、QBウィルソンが走りながらでも、冷静にパスを投げ分けるし、WR陣... [続きを読む]

受信: 2014/02/03 12:01

« 木曜16日23時からBS出てました | トップページ | 2014シーズン開幕、してしまいました »